2014.7.1〜31

過去の日記

盟主ニードルクララ】 (アルテイル2)

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を

■コミックマーケット86 8/15(金)西−め−07b

■7月31日(木)・

 今月はあれこれあって、ずいぶん長く感じられました。 

 スーパーのドアをくぐると桃の香りがふわーっときて、夏らしさを感じます。 うちの近所にある東海大相模高校が甲子園出場するらしいので、巷はちょびっと湧いてます。

 「孤独のグルメ」 ほんとに中年男性がただ食べてるだけで、大して予算使ってるわけでもなく、誰も傷つかず大事件が起きるわけでもないのに面白いって、すごいドラマですね。 

 ひとことコメントありがとうございました。

 きの君…こんにちは、誕生日に引き続き、お気遣いくださってありがとうございました。 いやはや、今年はなんだか体調面で躓き気味、自分ってこんなに弱かったっけと首をかしげつつ反省しております。 イラストもいつもご覧くださってありがとうございます。 まだまだ創作家としてのモチベーションが上がっておらず(今は作画職人って感じです)申し訳ないと思いつつ…。 きの君もどうかお体に気をつけてお過ごし下さいね。 ではでは。 

■7月30日(水)・

 体調を整える為、今日からしばらくの間、ぐうたらする(パソコンも極力見ない)事にしました。  

 香りの強い洗剤(ア○エールとか)って体調が万全じゃない身にかなりキツイんですね。 甘ったるい香りで気分が悪くなってしまうので、何度もすすぎ洗いして香りを落としてます。 なるほど、柔軟剤などでスメルハラスメントっていう言葉も出てくるわけですね。 

 ナマケモノ見てなごみます。 

■7月29日(火)・

 今月の仕事もあらかた済んでホッと一息。 

 ところで最古といわれるショーヴェ洞窟壁画(フランス)、画力の高さと美しさにびっくり。 才能が無ければ描けない筆致ですね。 

 メモ…プロが教える アニメ背景画の描き方 

■7月28日(月)・

 体調も食欲も戻り、にわかにホッとしつつも、体調管理の甘さに猛省中。 元職場の先輩のお母さまが送ってくれたマンゴーの甘さが、病み上がりの心と体に沁みます(先輩は数年前、過労で亡くなってしまったのです) マンゴーうまー(涙)

 世界名作劇場「牧場の少女カトリ」 フィンランドが舞台、聡明な女の子とお利口な飼い犬がひたすら働く話。 今のところストレスが溜まるキャラクター(ハイジでいうロッテンマイヤーさんとか、赤毛のアンのアン本人とか)が出てこなくて、落ち着いて楽しめます。 これは良いアニメ。 

 ドラマ「アオイホノオ」 柳楽君のオーバーアクションが嫌味なく面白い。 少年期の儚げな美貌が薄れたのはさしおいても、やっぱりこの人は才能あるね。 それにしても庵野秀明氏の奇人変人っぷりに呆れてしまう。 安野モヨコ氏こんな人よく選んだな。 このドラマを見る限りではクリエーターとして尊敬の目で見られても恋愛対象としてはハードル高すぎに思えるのだが(汗) 

 「花子とアン」の石炭王にますます惚れてもた。T大生と器の大きさが違いすぎ。 あと蓮様の兄がとにかく最低。 

■7月27日(日)・

 肩こりの薬(筋肉弛緩剤みたいなの)飲むと体がぐんなり、外出出来ません。 〆切近いので休み休み作業。 入稿終わったらしばらく休みます。 アシスタントさんの育成も早急にしてるところです。

 宮下先生さすがです。 こういうの待ってました。 ネタにして貰えるなんて割烹着リケ女史が羨ましいっ。

 (1話目無料)「バラ色の聖戦」 どんな事情があるにせよ、結婚式場で花嫁より目立とうってどうなんだろうと思ったり。 しかも自分で女サボっといて…。 …と感じてしまったのは、私があまり性別を意識した人生を送ってないからなのかな?

■7月26日(土)・

 クリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ」よかったです。 確かにレビューにも見かける通り、これは現代版の西部劇ですね。 

 昨日病院の待合室に置いてあった週刊文春をパラ読みしたのだけど、マレーシア機墜落の、遺体の散乱した事故現場を見開きで載せていたのに驚きました。 こんなの載せるなんて酷い。 

 ひとことコメントありがとうございます。 はい、無理しないように過ごしますね。 

■7月25日(金)・

 とりあえず働けるくらいに復調しました。 今日は病院行って検査&薬を貰ってきました。 めまいと吐き気、難聴も再発してしまって。 ここしばらくの不調は働き過ぎが原因かも…お酒もしばらく控えなさいとのこと。 これからは仕事の量を減らさなきゃ。 

■7月24日(木)・

 トホホ。繁忙期だというのにこの2日体調崩して寝込んでました。 

■7月22日(火)・

 「レインマン」 ダスティン・ホフマンの自閉症の演技に役者魂を感じました。 ただ、この自閉症のお兄ちゃんがサヴァン(驚異的な記憶力でカジノでぼろもうけ=役に立つ)でなかったら兄弟仲はどんなんだったろうかと思ったりもしました。

 ノアちゃんめんこいの〜。 

 色んな犬の模様。 どれも個性的で可愛い。 特に14の子パンダ風。 16のダックスは半顔メイクみたいですね。 

■7月21日(月)・

 忙しモードです。 

 「花子とアン」なんですが、どっちかっていうと石炭王のかわいさに目覚めて来ると同時に、なんか帝大生がつまらない男に思えてきてならないこの頃。 やけ酒ならぬやけサイダーとか、いちいち萌える〜。  

 メモ…画家「菅一郎」故郷を描く  いつもお世話になってるお宅のお父様の話。 

■7月20日(日)・

 「大奥 男女逆転」 なかなか面白かったです。 よしながふみ先生の発想を動かす力が凄い。 二ノ宮君は悪くなかったけど、もうちょっときりっとした男前キャラでもよかったかな? 柴崎コウさんの将軍様役はとてもりりしくて格好良かった。 

 メモ…このウォンバットのブローチも気になる〜。 オーダーメイドしてもらう際は、額にシワ3本つけてヒロキ仕様にしてもらいたいな。 

 ♪Dimas & Riva - Work Together 

■7月19日(土)・

 仰天ニュースの「皮膚がはがれ落ちる少年」の、両親の献身に胸を打たれました。 生まれつき皮膚がはがれやすい病で、実の親は育児を放棄、病院に取り残されていた赤ちゃん。 それをたまたま見かけた夫妻がその子を引き取る決心をします。 引き取ってからは、四六時中肌のケアにあたる日々…そして数年後の大きな手術。 気力体力、時間、費用…なかなか真似できないことだと思いました。 おまけにアメリカ、どれくらいの医療費が掛かってるだろうか。 もちろん皮膚がはがれ痛がる子供も可哀想で見ていられない。 ちょっとした遺伝子の異常で、皮膚が定着しにくい体質になってしまうとか。 色んな病を見るにつけ、自分が当たり前のように保持してる身体と健康のありがたさをしみじみ感じます。 

 私の好きなブログさんのメガネグマ親子。 絵本のようです。 

■7月18日(金)・仕事絵1点アップしました

 7/17より発売中の「Z/X ブースター第9弾 覇者の覚醒」 で1点描かせていただきました。

 「くつろぎのウィッカーマン」 檻状の胴体に人間詰め込んで燃えさかっています。 コメントの「ユックリシテイケ」が怖くていいですね。 

 遅まきながら自分用誕生日のプレゼントはエクリュブランさんの新作熊さんにしました。 今回のもかわいい〜〜。 うちに来るのが待ち遠しいです。 半ズボンの熊さんも欲しかったけど先を越されました。 

■7月17日(木)・仕事絵1点アップしました

 7/4より発売中の「バディファイト 第3弾 ドドド大冒険」で1点描かせていただきました。 

 ドラゴウィザード・レインボーホーン 12、3歳位のドラゴンとのことで、思春期のォォォーッドラゴンーーッ!と変なテンションで描いておりました。 異性が気になったりする年頃だね。 年齢を重ねたら角やたてがみなどはもっと伸びてるんじゃないかな。 

 「孤独のグルメ」のおかげで食欲増して困ります。

 ♪Julian Poker Pres. Republik - 1917 Modern Times

■7月16日(水)・

 生徒連れてオルセー美術館展(国立新美術館)、充実した内容でした。 ブグロー「地獄のダンテとウェルギリウス」の生の絵の妖艶さったらもう。 もう一度行きたいな。 開催されたばかりか、閑散としてました。 行くなら今のうちですよ。 

 ♪Alex Gold - Stranded In Paradise (Original Mix)  

■7月15日(火)・

 次の旅行先はボルネオが有力です。

 今日観た世界仰天ニュース、えぐい話ばかりの中で「恋に落ちた台所おばあちゃん」が良かった。 70代の独身のお婆ちゃんと、20歳以上年下男性の文通から始まる純愛。 

 漫☆画太郎先生の似顔絵最高☆ 京極さんの死に腐った目がいい。 ハマちゃんもそっくり。 近々個展「漫☆個展」があるそうだけどどうしよっかな。 あとガウディ×井上雄彦もどうしよっかな。 ここしばらくの井上氏って、漫画家というよりもアーティストになりたいっていう気概がとても伝わってきますよね。 

■7月14日(月)・

 10年以上前に描いた同人誌用の原稿などを見返してみて、昔の方が字が細かくて今と比べて整っているのに気がつきました(汗) PCばかり使っているせいか、字がいっそう荒れてしまったのかなぁ。 

 疲れも吹っ飛ぶマーチンの笑顔。 ほんと良い表情。 

 「花子とアン」、石炭王が憎めないキャラなので蓮様の不倫劇を観るの辛い(でも観てしまう) 

■7月13日(日)・

 たまたまamazonで見かけた「食べない人たち」という本が気になりました。 食べないという選択…こんな発想は無かった。 詳細はこんな感じらしいですよ。 やーでも、凄いとは思っても、どんなに効用を説かれても美味しいの好きなのでマネできないな。 ご飯やおやつの無い人生は寂しすぎる。 

 和むメガネグマの親子。 

■7月12日(土)・

 仕事そこそこ、寝たいときに寝る…という徐行モードのおかげか扁桃腺は悪化せずに済みそう。 

 今年はハイウエストの水着が流行るとかなんとか。 50年代くらいのこの手の水着はキュートでオシャレに思えるのだけど、今時のギャルが着るとただただかっこわるく見えるのはなぜでせうか。 

 メガネグマの赤ちゃんもかわいいな。 

 メモ…太古の哺乳類展 骨格の参考にしたい。 

■7月11日(金)・ルシオラ(夢の軌跡)

 本日の蔵出し画像はソーシャルゲーム「夢の軌跡」で描かせていただきました、ルシオラというキャラです。 後でギャラリーにもアップしなおそうかな。 とにかくマンネリにならないように色々な案件をこなすようにしています。 仕様書を頂いて集めるのもとても大事だと思うこの頃。 

 「孤独のグルメ season4」始まって嬉しゅうござる。 ああー面白いなーゴローさん好きだー。 グラサンの強面ゴロー萌えー。 1回目の清瀬のみゆき食堂行ってみたい。ああでも混んでそうだなぁ。 

■7月10日(木)・パンだけじゃ生きていけない!(40)

 パン生40回目アップしますね。 いつもの扁桃腺がちょいとむずかってるので徐行モードです。

 「ファースト・クラス」(録画)観ました。 女達のドロドロ劇、面白かったです。 イモ娘が仕事で揉まれながら磨かれてくみたいなノリは映画「プラダを着た悪魔」を日本風にした…みたいな。 女優さんの個性に合わせた着こなしやメイクなど観ていて楽しかったですね。 「名前をなくした女神」と同じ脚本家だからか、なんでそんなにドロドロしたあとでスッキリ終われるんだ〜というのがまた気になりました。 

 そういえば「るろ剣」の和月先生、剣心の晩年も描いてくれないかな。 OVA「星霜編」の夫婦揃って性病で逝かれるという、酷すぎる結末を払拭して欲しい。

■7月9日(水)・

 朝起きたらW杯の結果がえらいことに。 決勝戦はドイツ応援するわー(←男前監督目当てなだけ) 

 ところで「ご笑納ください」「ご笑覧ください」という言葉を頂くと、エヘエヘ笑いながら何かしてる自分を想像してしまい、ちょっと不思議な気分になります。 

 本「漫画の奥義 (1) 神話伝説の世界とペンタッチ技法」 ペンタッチの本。ざっと読む分にはまあ良いけど、参考になるかというのは個人差がありそう。 

■7月8日(火)・

 台風、宮古の姉たちはなんとか持ちこたえたようでよかった。

 「ゲド戦記」 見終わりました。 不要なシーンの多すぎる2時間弱、面白くならないと分かっていても描かなきゃいけないスタッフが気の毒に思えてしまいました。 

■7月7日(月)・周姫(三国志輪舞) 

 台風怖い。怖い怖い。 悪天候続きかちょっとだるめ。 昨年描いたイラストアップしておきます。 別のイラストレーターさんが描いたキャラを描き起こしたものです。

 「FORCE OF WILL」国内再始動おめでとう☆ 

■7月6日(日)・

 ジャンプSQにて「るろ剣」、志々雄様のスピンオフ前編が載ってまして。 そういえば、昨年の今頃は「新京都編」を観て志々雄様の無駄で下世話なHシーンに幻滅していたのですよね。 今回の漫画の方では、由美さんとは(私が願ってた通りの)プラトニックな関係が描かれていて良かった。 女遊びは飽きたみたいな事言ってかっこいー。 やっぱり野望以外はストイックな方が魅力的だと思う。 岡田マリー(新京都編の脚本)ざまみろなのです。 

 可愛い可愛いコアリクイの威嚇。 うーん、とってもかわいいけど、それで世の中やっていけるのか?? 

 お祝いのメッセージありがとうございました!お返事は少々お待ち下さい。

■7月5日(土)・パンだけじゃ生きていけない!(39) 

 パン生39をアップしそびれていました。 

 今日はイラストレーター・ゲームクリエイターのバーベキュー会に参加、沢山の方から良い刺激を頂きました。 うーん頑張らなきゃ。 あと、ワニとラクダの肉を頂きました。 ワニは淡泊で鳥のささみのよう、ラクダはヤギ・羊風なちょっと癖のある味。 どちらもいけましたよ。

 昔の人が描いたワニ… → 昔の人が言い伝えだけで描いた動物たち

■7月4日(金)・肩こりに効く体操(※自己流です)

 引き続きお祝いメッセージありがとうございました。 私は幸せ者です。 

 本日の絵図… ここしばらくマッサージ師さんにお世話になって、どのあたりが一番凝ってるかを見て貰った後、こういう体操を考案するに至りました。 肩胛骨を浮かせてぎゅっと寄せる、最初凄く痛かったのだけど、筋肉痛の後、こわばりが取れてきましたよ。 

■7月3日(水)・無題(ラフ)

 多くの方にお祝い下さって胸いっぱいの誕生日。 メッセージ下さった皆様、本当にありがとうございました。 今日はまる1日朝からお酒とケーキ頂きながらのんびりラクガキしてました。 本日のラクガキはタコの妖精か何か。 

 「花子とアン」、蓮子様の不倫相手の帝大生役もいいなー。 凄い美男子ってわけじゃないけど、この人となら道ならぬ恋したくなる気持ちも分かる〜っていう気になるっていうか。 美輪明宏さんが見出した俳優って(2人しか知らないけど)古風な趣深さを感じさせますね。 昭和っぽいというか。 

■7月2日(水)・

 明日は誕生日、何か思い残すことはないか自分。

 仰天ニュース「幼児誘拐 人身売買された女」は寝る前に観たのを後悔するほどにショックな内容でした。 貧農の若い女性が上京、悪い連中に騙されて誘拐され、奴隷のような生活を強いられます。 その女性は自由になるために、主人から言いつかった「赤ちゃんを5人さらう」という役目を引き受けます。 しかし警察に現行犯逮捕され、死刑を言い渡されました…命令した主人は(たったの)懲役20年。 なんだろうこのやるせなさ。 

 ポチッとひとことありがとうございました!嬉しいです、励みになりました。 後ほどお返事しますね。 

■7月1日(火)・

 姉が沖縄野菜(パパイヤ・ゴーヤー・ヘチマ・モーウイ)を送ってくれました。 さっそくゴーヤーチャンプルー…うまー☆ 病み上がりに利きます。 具はゴーヤー・ちくわ(輪切り)・溶き卵、味付けはめんつゆであっさりめに。 

 今日はyoutubeに上がってた世界仰天ニュースを流してました。 上原美優さんの過去話は気の毒すぎて胸が痛いやら無計画・無節操すぎる親に腹が立つやら。 15歳で一人前だっていって、家を追い出すなんて。 そりゃ辛い目に遭うしグレたりもするよ…。 

 あと「ゲド戦記」 …うわあ、1時間経っても面白くならないぞう(汗) 仰天ニュースはあっという間に見終わるのに。 作画レベルはもちろんジブリクオリティなのに、脚本・コンテがグダグダしすぎ、勿体ない。 残る半分意地でも観るのだ。  

トップへ戻る


備忘録… ●東京バレエ団 祝祭ガラ ●指輪 ●古代エジプト展 ●台北 國立故宮博物院−神品至宝− ●EMPIRE