2016.3.1〜31

過去の日記

心眼の魔人オクゥルムZ/X

イラスト集『怪力乱神』通販始めました 

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

■3月31日(木)・

 今日はご近所絵師・Kさん(運転感謝!)と神奈川は座間市内の公園を数カ所巡って花見をしてきました。 場所によっては殆ど咲いてない所・6〜7分咲きの所とまちまち。 ピークは数日後かな。 

 「GARO炎の刻印 魔戒通信・1」 作業中にハイテンションな王子堪能中。 合計9時間ほどなので結構お得。 

 やーこの3ヶ月は仕事と体調不良に右往左往されながらもあっという間に過ぎてしまいました。 

■3月30日(水)・

 「ダウントンアビー」 シーズン4見終わりました。 マシュー不在はやはり寂しい。 やー今回も色々ありました。 ベイツさんにヒヤヒヤ。 イーディス、今後幸せになれますように…。 周りの迷惑顧みず振る舞うローズめんどくせー。 公式サイトの「special」のコンテンツ、トーマス情報が充実していて笑える。 愛されてるなトーマス。 NEVERにもまとめられてるし 誰もが認めるクズなんですな(笑) ファッションがアール・デコ味強くなって、レンピッカの絵画の女性のようになってきましたね。 

 ポチッとありがとうございました★☆

■3月29日(火)・

 桜がぽつぽつと咲き出して、運動の励みになってます。 

 今日はお好み焼きを作りました。 具材はキャベツと魚介類。 姉の家で作るときは、エビ・イカ類が苦手な姉たち向けにキャベツと魚肉ソーセージのみ。 私は密かにエコノミー焼きと呼んでます。 

 「僕だけがいない街」 身近に起きた殺人事件を食い止めるために過去に戻って暗躍するタイムリープもの。 虐待家庭の描写、先の読めない展開、予想外な結末は見応えがありました。 ラストはうっかり図らずも大惨事になりそうだなとヒヤっとしました。 

 ポチッとありがとうございました。 いつも気に掛けてくださって恐縮です。 

■3月28日(月)・

 「GARO DIVINE FLAME」 続報PVキターッ!!! おおお召還シーン解禁! ダリオの鎧はけっこう予想外なデザインだわ! 王子が魔導馬に乗ってるー! レオンは父との身長差は多少縮まってるみたいね。 あー再来月が楽しみ。 とっても丁寧に作ってる感触が伝わってきて期待が高まります。

 ポチッとありがとうございました☆ 

■3月27日(日)・

 石田三成CM第二弾きたー☆ 

 大事を取ってアニメジャパン2016は見送り…あーGARO劇場版のポスター欲しかったな。 通販or劇場販売とかしてくれないかなー。

 ポチッとありがとうございました♪

■3月26日(土)・

 今日も体験入学の為出講。 私は普段ゲームクリエイター科に所属してますが、今月はイラストレーション科の代打講師。 他の学科の講師さんたちと混じってちょっと新鮮な体験でした。 

 確定申告の収受印来た〜♪ (昨年は知恵熱まで出た)帳簿付け、自力でやったからこその達成感もあって嬉しい。 

 大好きな映画「キンキーブーツ」の、日本版ミュージカルの配役…もともと美人顔の三浦春馬君がドラッグクイーン姿になっても、見とれるだけじゃないかという気がするのだが…。 ここはもうちょっと厳つい男子にやって欲しかったかも。 

 連日ポチッとありがとうございます! 

■3月25日(金)・

 先日シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」観てきました(昨年買ったチケットを無駄にできず、耳栓着用して観ましたよ(笑)) 芸自体は相変わらずの凄いクオリティ。 「人類の歴史」というコンセプトがちょっと曖昧だったかなーという印象。 でも一見の価値アリです。 

 会場近くにある、お台場のビーナスフォートにも寄ってみました。 デザイナーが同じなのかと思うほどに、ラスベガスのフォーラムショップスにそっくり。 そして中国人客の多いこと。 ガイドさんまで中国人。 

 今日は通常稼働。 

 昨日・今日とポチッと励ましありがとうございました♪

■3月24日(木)・

 ちょこっと旅気分を味わいたくて千葉(蘇我)で一泊してきました。 夕食に寄ったのが東京駅地下街のステーキ店・オールドステーション。 肉の塊を食べたのは久しぶり。 良い気張らしになりました。 長旅をするにはもう少し先かな。

■3月23日(水)・

 「ダウントンアビー」 シーズン3見終わりました。 やー災難だらけでヒヤヒヤしたけど、最後はおめでたくてよかったワ…と思ったら!ギャース!!!(絶叫) ななななんじゃこのドラマは!人死にすぎ!! しばらく放心状態になっておりました。 

 ポチっとコメントありがとうございました♪ 応援してます! 

■3月22日(火)・

 整体ついでに「フェルメールとレンブラント展」をさくっと鑑賞してきました。 オランダの画家にスポットを当てた展示内容。 フェルメールやレンブラントだけでなく、他の作品も脂ののった筆致で素晴らしかったです。 国に勢いがあると画風にも現れてくるんだなぁと。 

 ブリュッセル、行ったことのある国で連続テロがあるとことさら痛ましい気持ちになります。

 ポチッとありがとうございました♪ 

■3月21日(月)・

 返却前に「サガン−悲しみよこんにちは−」をもう一度観たんだけど、息子への接し方がやはり酷すぎる。 生んだ事すらも忘れたような振る舞い、わざわざ会いに来てもとことん避ける…嫌いなの? 息子さんはとても苦悩したんじゃないのかな…。 自己中・身勝手な親を持つと大変だ。

 メモ…メディチ家の至宝 ルネサンスジュエリー、バロック真珠を胴体に見立ててデコったのとかですね。 これは楽しみだわ。 

 ポチッとありがとうございました☆ 

■3月20日(日)・

 今日は調子が良かったので「ボッティチェリ展」をさくっと観てきました。 やはり何度も観てると、ルネサンス絵画の主役といえば彼なんだなーという感じがしてきます。 初めて見た「美しきシモネッタの肖像」、丸紅株式会社が所蔵していたのですね。 それにしても22歳で亡くなったのか、気の毒に。 彼女の美しさに触発された作品の多いこと 芸術家たちにインスピレーションを与える為に生まれてきたようにも思えてきます。 

 ポチッとありがとうございました♪♪

■3月19日(土)・

 今日は体験入学のため出講。

 ジョギングコースに咲いているのはコブシ?ハクモクレン?といつも疑問に思ってたけど、調べてみたらハクモクレンでした なるほど、確かにこうやって見比べてみれば違いますね。 

 メモ…クリスタ講座 

■3月18日(金)・

 「GARO DIVINEFLAME」 公開日は5/21! 3/26から前売り券発売! アニメジャパン2016(3/25〜27)行きたいなー。 

 創作の友・Nさんからお奨め頂いた映画「サガン−悲しみよこんにちは−」 才能は富を得る。 しかし、幸せになれるかどうかはまた別の話。 ギャンブル、酒、ドラッグ、金目当てに群がる人との空虚な付き合い。 晩年は富も失い孤独にこの世を去っていく。 心の穴を埋める作業こそが創意の源であり、彼女を作家たらしめる不可欠な要素だったのかもしれない。 本当に愛せる人が現れたら、書く必要無くなってくるだろうし、どうしたものかなぁ…。 主演の女優さんの演技が上手くて、(彼女の作品を読んでないにもかかわらず)奔放で脆い人物像がよく伝わってきました。 作品読んでみようかしら。 

 「書くことは危険な情事に似ている 官能的な衝動だ 妥協を知らない魅力的な男と 関係を持つのと同じだ ―」 っていう台詞、なんだか共感できます。 私の若い頃は創意に振り回されてばかりの、悩ましくてきつい思い出ばかり。 こんな風にけっこうハッとさせられるような言葉が多いんだけど、でも彼女自身、しっかりした大人から良い生き方の助言なんか貰ったりしていなかったのかな…貸す耳無かったのかな? 

■3月17日(木)・プロフィールページ設置しました

 はたと気付いて私のプロフィールページを作りました。 

 テレビ観ない私は今頃知ったのですけど、ショーンKって人物、呆れるを通り越して感心すらしてしまいます。 嘘で固めた人生かぁ。 逆に私は意固地なのか、意気地なしなのか(派手なメイクや服装でさえも遠慮してしまう)、こういう思い切った人生送れる人が羨ましい。 そのうち『仮面の告白』とかいったふうなタイトルの自伝でも出してくれないかな。 読みたいかも。 

 映画「マルタのやさしい刺繍」 夫に先立たれ気落ちしているお婆ちゃんが一念発起、ランジェリーショップを開く話。 スイスの片田舎、保守的な人々の侮蔑や中傷を乗り越えながらも頑張る彼女とその友達に、元気と勇気を貰えました。 ラスト、若い娘さんたちが下着姿で応援するシーンにはジワッときました。 女優さんたちも皆表情豊かでチャーミング。 こういう伝わりやすい話って好きだな。 

 メモ…20世紀初頭のファッション   ダウントンアビーの衣装が素敵なので気になるこの頃。 

■3月16日(水)・

 今日は講師会、久々に講師・職員の方々と会えて嬉しい。 

 画力が高いのか低いのかよく分からない漫画家ランキング 宮下先生がランクインしてるのにびっくり…あでも、先生の画作りの高度さは素人目には分からない所もあるかも…と思ったり。 理詰めで描く人には描けないであろう斬新なセンスが、天才的だなぁと感じます。 

■3月15日(火)・

 映画「マジックマイク」 男性ストリップに興味のある方にはお奨めかな。 役者さんたちとても頑張ってる感じだし。 先日観た「インターステラー」のド根性親父ことマシュー・マコノヒーさんがスッゴイことになっててやーもう。 役者って凄いわー。 それにしても、アメリカのショービジネスものではお決まりのように出てくる麻薬の蔓延ぶりには呆れてしまいますね。 Chippendalesのサイトをたまーに覗くけど、好みの、というかスター性のあるメンズを見かけないので興味をそそられないというか。 全盛期のKevinみたいな人なかなか出てこないわねー。 

■3月14日(月)・

 確定申告も済んだし、今月の仕事の山場も超えてホッと一息。 今日は休日にするぞ、と、低気圧でちょっとふらつきながら、海老名マルイに出張中のGARO SHOPに行ってきました。 レオンたちに会えるお店嬉しい。 (インフォメーションのお姉さんにGAROショップの場所を訊いたら画廊の方に案内されたのはここだけの話ですウフフ)

 ついでにららぽーと海老名にも寄ったんですけど、凄い規模でした。 ドバイモールもこんな感じ。 海老名は小田急・相鉄・JRの駅がある場所、土日は激混みしそう。 

■3月13日(日)・

 「ダウントンアビー」 シーズン3鑑賞中。 そういえばシーズン1観たときはサスペンスものか?と思ってたけどそーでもなかったですね。 ひとつの屋敷に暮らす貴族と使用人たちの日常や人生イベント(遺産相続、冠婚葬祭、etc…)を描いている話です。 シビルまさか…(涙) 私はてっきりこの一家だけはどんなトラブルがあってもなんとか生き延び続けるだろうとは思ってたんですが…。 

 ♪三菱エメロードのPV 昔好きだったんだけど、今聴いてもいい曲だわ。 

■3月12日(土)・仕事絵アップしました

 トレーディングカードゲーム「Force of Will」アリスクラスタ第3弾「月下の覚醒者」にて2点描かせていただきました。

 弓張月の魔術師 …兎人さん3人目は弓士巫女に続き、魔術師です。 今回はウェービーヘアにしてみました。 

 沈黙の魔術 …この手のシチュエーションものはキャラデザなどわりと自由に描かせて頂けるので、こんなデザインどうじゃろ〜なんて、地道な試行錯誤してます。 

 ♪GLEE Full performance of "Don't Stop Believing"  初期の彼ら観て余韻に浸ってます。 やっぱり最初からレイチェルはフィンと結ばれる予定だったんだね、切なすぎるぞ。 

■3月11日(金)・

 「glee」 ファイナルシーズンあっという間に見終わっちゃいました。 あー面白かった。ラスト2回、入部当時はイケてなかったメンバーの成長やその後の活躍、そして亡きフィンの回想シーンにはもう涙なしでは観られない。 フィン役が生きていたらレイチェルはきっと彼と結ばれただろうに。 ほんと残念だし悲しいよ。 でもこんなに楽しくて聞き惚れる素敵なドラマに出会えて嬉しい。 お奨めです。 一番大好きなキャラはスー先生! こんなに凶悪にして愛くるしい悪役はそういないわ。 毒舌がいちいち面白いんだわ。 あと、80年代のヒット曲に惚れ直すような選曲も良かったワ。 

 ♪Dead Or Alive - You Spin Me Round  ピート様声も顔も美しすぎますわ。 確かにこんなに美形だったら固執したくなるのも納得かも。 もっさりしたファッションがちょっと残念。 

 ♪George Michael - Father Figure  肩パット凄っ(笑) この頃のジョージの色男ぶりったらもう。 確か私が無精ヒゲや体毛のセクシーさに目覚めたきっかけは彼だったような。 

 GARO SHOP出張版!近場の海老名!これは行かねば! 

■3月10日(木)・

 整体がてらに「はじまり、美の饗宴展」行ってきました。 近代絵画はオルセー美術館のダイジェスト版みたいなバランスの取れたコレクション。 抽象画はロスコにポロックと、ついお値段が気になる方々のも揃えてあって、見応えがありました。(◆このブログさんでだいたい紹介されてます) 幼少期に強い印象を受けたキリコ「ヘクトルとアンドロマケー」もあって、ちょっと感激。 あでも、調べてみたらこの題材で何パターンも描いていたみたいですね。

 帰りに寄った食堂・トレド(神楽坂) 何気なく入ってみたんだけど、昭和な佇まい、良い素材の料理と穏和そうなご主人、壁には18歳になる猫の写真とカウンターにはゴミ捨て場から拾ったという亀。 また行きたくなりました。 

■3月9日(水)・

 「glee」 ついにファイナルシーズンを観始めました。 あーやっぱ面白いわーこの分かりやすいノリと良いアレンジの歌がやみつきになる。 このメンバーともこれでお別れか、寂しいな。

■3月8日(火)・

 何やら今ホットな石田三成CM も〜、も〜(笑) 年号覚えちゃったよ。 

 ♪Alanis Morissette - Crazy  Sealのオリジナルも良いけど、アラニス版も格好いい! どことなくエアロスミスのスティーブン・タイラーを彷彿とさせる見た目だなぁ。 

■3月7日(月)・

 来月開催のルノワール展! あの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」が来ると知って驚いています。 あれ貸し出しOKだったの? 一昨年パリで見てあまりの眩しい美しさに我を忘れてしまったのを思い出しました。 実物は喩えようもない程素晴らしいです。 この機会に是非ご覧になってくださいませ。 

 メモ…いちえふ(竜田一人 著) ルポ描写の巧さにも感心。 後で続き読もうかな。 

 ポチッとありがとうございました♪ 

■3月6日(日)・

 整体ついでに「英国の夢 ラファエル前派展」行ってきました。 最終日の混雑でしたけど、素晴らしい作品揃い。 行って良かった。 自分には観察眼と表現力がまだまだ足りないと痛感しました。 アーサー・ハッカー「ペラジアとフィラモン」 繊細な色遣いが美しくてため息が出ました。 ミレイ「ブラック・ブランズウィッカーズの兵士」布の質感! ピンウェル「ギルバート・ア・ベケットの誠実 〜(略」 ガッシュ画なんだけど、近くで見ると塗り方が凄い独特。 フォトショで色味を分解・再構成したみたいな。 絵って奥が深いなぁ。 

 メモ…ポンペイの壁画展 ポンペイ遺跡をググると切なくなってきます。 

 ポチッとありがとうございました☆♪☆ 

■3月5日(土)・

 日記読み直すと私けっこう色々観ては泣いてますね(笑) もともとは多分かなり忍耐強い方なので、仕事や実生活では泣いたり怒ったりグチったりしないタチです。 子供の頃から、どんなに不利な状況でも、なんとかせねばという癖が付いてしまっていて、感情は後回しでした。 兄弟が多かったので、自己主張もあまりしなかったし。 あーでもこういう性分だから鬱病患っちゃったんだよな〜って反省しつつ、何かを鑑賞するときは気持ちを解放してよく泣くようにしてます。 これがけっこういいんですワ。 

 メモ…いつか行ってみたいウェスティンホテル東京のクラシカル・アフタヌーンティー   

 ポチッとコメントありがとうございました!

 D.W.Wさん…こんにちは、おしばらくぶりです。お元気してましたか? 情報ありがとうございます! お、ジュエルペットってアニメにもなってたんですね。 今度観てみようかしら。 ディメンションW、私も「DARKER〜」は結構好きだったので気になってたところです。 またお奨め作品がありましたらお願いします! ではではごきげんよう。 

■3月4日(金)・

 私の好きな動物ブログサイト・しむらさんのヒロキの本が出てますよ♪ しむらさんの書かれる物語は…とにかく愛しさがこみ上げてきて、泣けます。 

 友人のお子さん向けにジュエルペットを真似描きしてました。 ほほーこういうのが流行っているのか。 かわいいなー。

 ♪Luke Wan - The Wish (Original Mix)   

 ポチッとありがとうございました☆ 

■3月3日(木)・

 灯りをつけましょボンボリーニ。 あー先週のクイズのイラストひな祭りにすりゃよかった。  

 耳の方は最悪の事態は乗り越えられたみたい(まだ油断できませんが) 医師からストレスを溜めるなとかあまり思い悩むなとか指導されてて、考えることを考えない、考えないことを考えない… … と、改めて自分の思考を見直すとわけが分からなくなってきます。 いっちょゼロから立ち戻って人格を構築してみようか。 いやそれは怖い。

 最近の冷凍食品はほんとに質が高いですね。 今日食べたニチレイのチャーハンはうまかったー。 冷凍パスタもよく食べてます。 

 ポチッとありがとうございました♪

■3月2日(水)・

 モスのホットチキンバーガー復活嬉しい。 いつまで販売してるのかな? 

 アニメ「灰と幻想のグリムガル」 キャラクターデザインは可愛いし、丁寧な今風の作画は参考になります。 この手の話は、まあ、ライトノベルだから楽しめてなんぼじゃというのも分かるんだけど。 なんというか、人工知能を搭載した駒が動いているというような印象を受けてしまうというか。 ともかく今時はこういうのが人気なんだなぁ。

■3月1日(火)・

 セスタス」の友人・知人貸し出し用一式入手しました(第2部5巻まで) 借りたい方はこちらからご一報どうぞ。貸しまっせー。 良い作品なので周りにファンを増やしたいのです(まあ、できれば作者さんの為に買って欲しいんだけど…)  

 メモ…本格デジタル書道!水彩インクシミュレーション搭載ペイントソフト 

 ポチッとありがとうございました☆ いつも激励下さって恐縮です。 

トップへ戻る


備忘録… ●カラヴァッジョ展 ●若冲展 ●PARISオートクチュール ●黄金のアフガニスタン ●安田靫彦展 ●恐竜博2016 ●メアリー・カサット展 ●オールスターガラ ●ヤンリーピンのシャングリラ  ●ガレの庭 ●ゆかいな若冲・めでたい大観 ●ポンペイの壁画展 ●ルノワール展 ●メディチ家の至宝 ● ●