2017.3.1〜31

過去の日記

血の渇望ブルールームZ/X

イラスト集『怪力乱神 第二集』通販始めました 

イラスト集『怪力乱神 第一集』通販中

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

ファイアーエムブレム聖戦の系譜同人誌『20年ロマンス』通販中(表紙描かせて頂きました)

インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救って下さい! ご賛同下さる方はクリック&拡散お願いします。 

 ※FC2メールフォームで頂いたメッセージが時々迷惑メールに振り分けられている場合があります。 そのためお返事が遅くなる場合がありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

■3月31日(金)・

 今日は期限ギリギリの健康診断。

 ゲーム「百花百狼」(Vita)始めてみました。 「下天の華」に続き、戦国・くノ一もの、今回の攻略対象は全員忍者。 もちろんお目当ては服部半蔵(33)、見た目若っ! 5章まで進めたけど、シナリオ、もうちょっと圧縮してくれないか…。 話がなかなか盛り上がらず寝落ちしてしまった(苦笑) 

 本「10年メシが食える漫画家入門」 樹崎先生が専門学校で教えていたノウハウをかいつまんでまとめたという内容。 非常に分かりやすい。 前半は話づくり、後半は作画のテクニックについて紹介してます。 特にパース、楕円の応用は目からウロコもので是非活かしたい。 基礎的な技術でも、今まで直感的にこなしてきたことを文章で改めて解説されると、すとんと腑に落ちる快感がありますね。 

 色々余裕が出てきたので、漫画に再挑戦すべく、少しずつ地ならししてます。 連載決まった直後に出版社が倒産、という憂き目に遭った10年前。 今思うとあの時連載していたら、たぶん大病患ってただろうから、あれでよかったのかも。 昔と比べ、思考回路がかなり切り替わっちゃってるものの、作業の密度自体は上がってきてます。 今、仕事ができるだけでも感謝しなきゃ(まだ単純な描き損じ等あるけど、大事無い範囲です) 人生のスタートラインは三者三様、これからも「私には私のやり方がある」というスタンスでいきたいです。 

 ポチ&コメントありがとうございました♪ な、なんですとーっ! そ、そんなデンジャラスなものを…っ!(笑) 楽しみにしてます&お楽しみにっ! (これから2作目を観ます)

■3月30日(木)・

 「弱虫ペダル ファニーライディング」 総北・箱学どちらの坊やもみんな良い子や〜。 田所っちのパン屋の繁盛の為に奮闘する部員たち、可愛すぎか〜。 コワモテ福富さんのロッカーの中にはお皿(余興の皿回し用)入ってるのか、愛しいっ。 

 「オジサマVSワカゾウ 1」 オジサマ(元ホスト、ホスト店のオーナー)=井上和彦、ワカゾウ(ホスト)=森川智之 二人の男性に言い寄られるシチュエーションCD。 ウーン、声優自体は素敵なんだけど、ホストに全く萌えません。 もとより長年鬱を患っても異性・宗教・博打等に依存できなかった気むずかしい自分には、ホストクラブで心を癒そうというシチュエーションは遠い世界の話です。 あでも今なら一度は見学に行ってみたいかも。 

 「オジサマVSワカゾウ 2」 オジサマ(勤め先の社長)=堀内賢雄、ワカゾウ(会社の同僚、社長の息子)=櫻井孝宏 賢雄さんみたいなイケボ上司がいる会社はどこじゃー。 つっても親子で一人の女を取り合うっていうのはちょっとなあ。 あとジャケットにわりと致命的な誤植発見しちゃったり(ワカゾウの年齢が57歳って・汗 3度見してしまった) 賢雄さんのキャストトーク楽しめたのが一番の収穫かな。 

 …にしても、最近はこういうシチュエーションCDもけっこう出てるんですね。 ジャケット絵描いてみたい。 

■3月29日(水)・

 TSUTAYA、CD10枚1000円レンタル中につき色々借りて聴いてます。 

 「魔法☆中年おじまじょ5」 ひ、ひでえ話(爆笑) 善川社長(中田譲治さん)はじめ、豪華な声優陣がすっごい馬鹿な役やってますよ。 ジャイアン気質な孫バカ社長、冴えない窓際族の庶務課課長、女装趣味の気弱な研究職、豪快な脂ギッシュ営業部長、見栄っぱりのデザイン会社社長。 みんな愛着沸くほど良い味出してます。 おっさん好きにはお勧め。 できればアニメか実写で観てみたい。 

 あと、檜山修之さん声目当てにうっかり「最終痴漢電車」(アダルトアニメ)入手しちゃいました。 なるほど師匠のムッツリセクシーボイスは長年の研鑽による賜物なんですな(鼻血) 主人公は駅員であり痴漢の手練れ(S属性) 「いい子だ いい子にはご褒美をあげよう」ハイ頂きましたーッ! 頭の中で若師匠に画像変換してみるというイケナイ楽しみを発見したのであった…(笑) 

 メモ… ラジアントヒストリアリメイク版(3DS) 6月発売、おおーサプライズ! 新エピソード楽しみ。 個人的に、旧作で容量の都合によりNPCになっちゃったというガーランド様をプレイヤーキャラにして欲しいなー…という希望は欲張りですね、はい。 リメイク発売にあたって二次創作とか増えるといいなー。 

 ファイアーエムブレムEchoes(3DS) 来月発売。 外伝やりたかったんだー、こちらも楽しみ! 

 ポチッとコメントありがとうございました! お寒い中ご手配ありがとうございます! 王子…これは、読んでのお楽しみ(?)としか…!あ〜夢に出そう。 

■3月28日(火)・

 台湾の漫画家・鄭問先生の訃報に気を落としています。 卓絶した筆致と度肝を抜かれる構図で描かれる諸行無常の人間ドラマ、「東周英雄伝」は若い頃大変影響を受けました。 ご冥福をお祈りします。

 「ヒストリエ」10巻 うわあー2年待って1時間で読み終わってしまった。 次はまた2年後?お願いです岩明先生、せめて年1冊にしてください。このペースだとあと20巻出すとなると40年かかってしまいます(もしかして超高速東方遠征とかしちゃうん??) にしても最新巻も面白かった。 今まで見たこと無いような面妖な合戦シーンに苦い青春の一コマに。 そして王子が、王子がああああああ(汗) 

 攻略対象が渋メン&マッチョメンの乙女ゲーム物色中なんだけど、なかなか無いのよね。 無いなら作ったらいいじゃない? てことで暇みてちょこちょこ作ってみたいこの頃。 ハーレクインファン層あたりにウケそうな気がする。 

■3月27日(月)・仕事絵アップしました「バトルスピリッツ」

 トレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ」の秋のイベント用景品カードを描かせて頂きました。

 秋は紅葉狩り …コレオン・チキンナイト・フーリン。 漫画の方では喋るけど、アニメの方では鳴き声のみなんですよ。 私は喋るキャラとしてシーンを作ってみました。 結構いきいきした表情に仕上がったと自分では思ってます。

 ひとまず今月分の仕事が片付いたので、しばらくぶりに睡眠薬少し飲んでぐっすり寝て、のんびり過ごしていました。 あー生き返った。 

 メモ…第2回みゃーけっと 今年は忙しくなりそうだから帰島は無理そうだけど、元職場の先輩・優子ねーさまがサークル参加されるそうだから、何か寄稿するかもー。 開催日時14時〜18時って所が、島民らしくてほほえましい(前回一般的な時間帯だったら「早すぎる」とクレームが来たんだって) 

■3月26日(日)・

 悪天候につきANIMEJAPAN2017は断念。 しょうがないね、うん。

 あ、私の好きなモデル・カルメンさんがCMに出てる 私の二倍以上長生きしてるのにこの美しさと艶っぽさったら。 

 「オルフェンズ」 49話 主人公勢への酷い仕打ちにげんなり。 上流階級はいかなる時も幸運の女神に守られているが、底辺の者はどこまでも不運、みたいなものがこの物語の言いたいことなのか?(汗) このイライラ感もあと1回、意地でも観てやるわー。 最終回で大どんでん返しがあるかもしれない…でもここまで来たらハッピーエンドも何も無いわ。 キャラ造形は良いけどシナリオが酷すぎる。 残念だ。 

■3月25日(土)・

 「昭和元禄落語心中」 2期最終回 観て良かった、良作でした。 おっさんおばちゃんになった関さん・画伯の貫禄、見事な演じ分けは感動もの。 それにしても、小夏さんの息子の父親はやっぱり…!! 似てるもんなぁ。 小夏さんファザコンこじらせた結果の相手選びだったのね。  

 アニメ「スーパーラヴァーズ」 血の繋がってない男子4人(双子1組あり)が、わけあって兄弟として同居するBLもの。 長兄が下の子達の養父的な立場で、末弟は元孤児。 その長兄が末弟に過剰なスキンシップ(キスしたり一緒に寝たり)を迫るんだけど、これって明らかに犯罪だよねってトコはBLものでは突っ込んではいけない…んだろう多分。 末弟の立場からしたら、家計を握る長兄には逆らえないわけで…選択肢のない中そういう愛情表現は、なんというか。 

 メモ…東武ワールドスクエア うちから片道3時間半なんだけど、写真資料撮りに行きたいな。 

■3月24日(金)・

 本日のヒットな買い物はガラス製の爪やすり。 紙やすりみたいに何段階かに分けて磨く必要無いから楽です。 洗えば何度も使えるのもいいな。 

 「弱虫ペダル」11話 うわあああああ杉元君よく頑張った……!!!私は君が大好きだっ!! そして同じ大学に入った元総北高・金城さん&元箱学・荒北さんまさかのコンビ、そして元箱学・福富さん&新海さんとライバル同士になるなんてめちゃ楽しみな展開…!  

 「鬼平」11話 奥さんの昔の男が現れてヒヤヒヤしてましたが、懐の深い平蔵さま格好いいぃぃぃ! 昔の男ざまぁでございますよ。 1クールでおしまいなのは寂しいな。 サントラは是非手に入れたい。 

 ポチッとコメントありがとうございました。 雪かきおつかれさまです つ旦 うわん、いつも励まして下さって感謝です…っ!(涙)おいら幸せ者だなぁ…っ!!

■3月23日(木)・

 Nさんセレクション動画「日曜美術館」の吉田博 和洋折衷の木版画、なんて美しい風景なんだ。 見ているだけで清涼な空気が胸に染み渡るようです。 旺盛なチャレンジ精神や豪放さが伺える一方で、人の心を満たしてくれる深く優しく繊細な面もあって、会ってみたいほどに人間的な魅力を感じます。 彫りの技術も色彩センスも圧巻、凄すぎます。 洗練された様式美とリアリズムに感動するあまり、写真をPhotoshopのフィルター効果を使って加工して、こっそり再現してみた私でした(笑) 勿論その木版画のクオリティには遠く及びませんが、なんかちょっとだけ納得。 そして、油彩も水彩もスケッチも素晴らしすぎる〜〜〜!! こんなに秀でているのに、当時の日本の画壇では肩身の狭い思いをしていたというのが意外というか、わけが分かりません。 もっと有名になって欲しい。

 メモ…吉田博展(7/8〜) 損保ジャパン美術館 行かねば〜。 

 月末納品に向け頑張ってた所に、先方さんから「先に仕上げて欲しいのがあるから今の作業ストップして」との追加オーダーが入って泡吹いてます(かに座だけに) 新規立ち上げ案件だから、こういう事もあるって、そ、そ、想定内なんだもんね…(遠い目) こういう時は来月からの出講週2日に抑えてて良かったーとか、ポジティブなこと考えるのだ。 

 色んな切り口からデザインを練る際、良い資料になるのが「イメージシンボル事典」 言葉によるヒントが詰まった一冊。 人が万象のどこに着想を得てどう意匠に反映させるのか、デザインの原点に立ち戻れて参考になります。 細胞一つあればいくらでも増殖・進化できるように、人は着想の種が一粒あればいくらでもアレンジできるんだろうけど、ゼロからはどうやっても無理そうですね。

■3月22日(水)・

 巷で話題のアニメ「けものフレンズ」追いつきました。 昨晩ツイッターでギャーギャー騒がれていた理由も分かった。 確かに擬人化された動物(フレンズ)たちはデザインも言動も可愛らしい。 動物園の入場者数も増えてるというのも分かるなー(動物に変なもの食べさせるとか、モラルの無い人は行かないでー) マレーグマのフレンズも登場してほしかったな。 

 久しぶりにiPodTouchの液晶フィルムを貼り替えたら、見違えるようになりました。 100均で売ってるのに何故もっと早くに替えなかったのだ自分。 8年前に買った第3世代を未だに使ってます。 愛着があるものはいつまでも使っちゃいます。 財布も10年以上愛用していて、先日ようやく注文しました。 新世代(←物は言いよう)にふさわしいデザインのやつをですな…。

 昨晩の晩酌のお供はスペインのスパークリングワイン(カヴァ)、ジュヴェ・カンプス レゼルヴァ・ヴィンテージ・ブリュット。 飲んだ後にちょっと残る焦げた風味はサイト説明にある「トーストしたパン」のことだろうか(←物は言いよう) あでも、きりっとビターな辛口は私好み。 

 メモ…ANIMEJAPAN2017 時間あったら行ってみたいな。 

■3月21日(火)・

 渡辺省亭展開催中の加島美術なる画廊。 頂いたチラシに来月は伊藤若冲7点を展示販売って書いてあるんだけど… えっ売るの?若冲を?(ドキドキ) というか、他の出品作家の仰天のラインナップも見てくださいよ!→  ←値札の付いた売り物としては見たことがないビッグネームばかりなんですが(バクバク) 色々気になるので野次馬根性出して行ってみようかしら。 …待て続報!

■3月20日(月)・メイプルソープ/渡辺省亭

 チェックバック待ちで手持ち無沙汰だし、天気は良いしと、銀座をぶらついてきました。 明日からの追い込み頑張りまー。

 ロバートメイプルソープ展 …印象的な黒、陰影の巧みさ、やっぱり鬱なのかな。 他の色彩に関心が持てなくなり、明暗に対してはとても敏感になったりするんですよね。 被写体は裸体、花、ビザールファッション。 これ以上の足し引き出来ない構図とコントラストからは、厳しい世間を毅然とした目で見返す気概が伺えるような。 享年42、死因はエイズだった彼に安息の日はあったのかしら。 つくづく、こんなに官能的な花の写真はなかなかお目にかかれない。 

 渡辺省亭展 …淡雪のような儚く繊細な美しさ。 そして、西洋のジャポニズムを加味したような折衷感、お洒落や…! 画廊のスタッフさんがまた丁寧で好印象。 「今後大々的な回顧展を開きたいので、是非SNSで宣伝してほしい」とのこと。 現代人が見ても新鮮な印象だし、皆に好かれそうな画風だしで、これから知名度がぐんと上がりそうな予感。 今日はどちらも入場料無料でしたので、画廊で省亭の画集を買ってきました。 

 ポチッとありがとうございました! どもーお疲れ様です。 つ旦  ななっシノヤマ小説書いて下さるんですかっ。 やーなんか、「ヘテロなシノに恋するヤマギの図」ってのに萌えるあまり、相思相愛の姿見たら変にさめた心持ちになっちゃうというか、何なんでしょうね私(汗) とりあえずご覧になったら感想をお伺いしたいです。 師匠罪エンドの後日談是非読みたーい!! 楽しみにしていますっ♪ そういえば、地元で新聞社勤めをしていた頃実感したのは、指名手配犯は南に逃げる傾向があるという点です(しばしば島に流れてきては捕まってました)。 二人も琉球経由で大陸や東南アジアに渡ったのかなー、もしくは裏かいて北上したのか…なんて色々想像掻き立てられます。 それにしても、この二人の逃亡のせいで伊賀攻め決行されたら確かに罪深い…。 

■3月19日(日)・

 「昭和元禄落語心中」2期も楽しんでます。 噺家役の声優さんが皆凄くて聞き惚れちゃう。 ついこっちが心配したくなるような、後先考えない人達の生き様も面白い。 あと作画がとても丁寧で綺麗。 何よりじいさんの色気は必見かも。 

 「オルフェンズ」 48話 あああ…アジー兄貴姐さんの復活を喜びつつも、危機を脱するチャンスを掴んだかと思いきや……あまりにも酷い仕打ちに脚本家の神経を疑ってしまってます。 味方死に過ぎなのに、敵がなかなか死なないのも歯がゆい。 せっかく先日のショックを乗り越えたばかりなのに。 もうやだ。 ところで、同性のシノに恋するヤマギを応援していたし、二人とも好きなんだけど、彼らがよくあるBLカップルとして描かれた二次創作を見ると、どうも腑に落ちない気になってしまう。 一体なんなんだ。 

■3月18日(土)・

 「ブラス・ナックル」(全3巻) 技来静也先生のデビュー作。 主人公が黒人マッチョガイという、華奢な美少年セスタスとは真逆のタイプです。 抑圧される立場のボクサーという共通点はありまして、この作品を土台にセスタスを書き出したのかしらと。 面白いんだけど、技来先生独自の心に響く人生哲学があまり入ってないのためか、ちょっと物足りないような(まぁ執筆されたの若い頃だし)。 ところで2ちゃんでの技来先生の愛称はシズヤスなんですな♪ 

 昨日しばらくぶりにコンタクトレンズ装着したら老眼が「気のせい」で済まないレベルになってて(汗) あでも、調べてみたら、遠近両用のコンタクトっていうのもあるのね。 

 ぽちっとコメントありがとうございました♪ シークレットイベント、一人称が僕のヒャッハー師匠かわいすぎか〜!! そしてまさかのヒゲの使い道(笑) 

■3月17日(金)・ミュシャ展

 講師会の後ミュシャ展へ。 スラヴ叙事詩…画家人生の全てを注ぎ込んだ圧倒的技量とセンス。 ものすごい情報量が頭に押し寄せてきて、涙がぶわーっと噴き出ました。 今どきのマジックザギャザリングのCGイラストレーターに混じっても、花形絵師としてぶいぶいやっていけますよってくらい、最先端で求められる画力を持ってらっしゃる、凄すぎる。 印刷では再現しにくいであろう繊細な色選び(現に図録の写真はやはり本物とは色味が違ってました)、とにかく圧倒されました。 

 ポチッとコメントありがとうございました♪♪♪ 

 人生相談コーナーの回答> ようこそ迷える子羊さん。 そうですね、同じくハートを射貫かれた者同士萌え談義などしてみてはいかがでしょうか。 

■3月16日(木)・

 トレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ」 先月行われたショップバトルイベントにて配布されたプロモーションカード「涙の卒業式」描かせて頂きました。 コレオン・チキンナイト・フーリンの季節行事(秋冬春)を描かせて頂いて、愛着もひとしお。 サイトアップは後ほど。 

 「鬼平」10話 むおー私好みな悲しくも痛快な復讐劇! 和助さんの鮮やかな潜入かっこええー。 小判と証文を捨てるシーンはアニメならではの演出で良かった。 

■3月15日(水)・

 「カウボーイビバップ」 視聴終了、面白かったー。 終盤ビシャスとの決闘、どっちが勝つか見守っていたんだけど、あ、相打ち…?!悲しい…スパイク、様々なピンチを華麗にくぐり抜けてきたのに。 あでも、シビアな世界観が深まって、この結末でよかったかも。 

 「弱虫ペダル」10話 …杉元君の兄弟愛に目頭が熱くなる回でした。 この2回で杉元君が大好きになっちゃいましたよ。 勝ってくれー!!

 ポチッとコメントありがとうございました! おお〜黒王さま再度ご降臨恐縮至極でございますっ! つ旦  やーもう、天才的話芸に癒されました。 ほんとありがとうございましたーおかげさまで作業も捗っております。  罪の華、蘭丸エンド、真っ直ぐ純情な彼らしいといえばそうだけど、かなりキツいですよね。 師匠エンドにはどんな悲劇が待ち受けているのか…感想楽しみにしてます。

■3月14日(火)・

 「カウボーイビバップ」 20話まで観ました。 色んなジャンルの曲を提供できる菅野よう子さんの才能凄い。 惜しむらくはリアルタイムで観てたらもっとハマれたかもしれないという点かな。 スタイリッシュ系は、キャラデザや演出を今風にリメイクしたらもっとシャレた出来になりそう…などと、つい考えちゃって。 あと、ジェット・ブラック(36)が私よりも年下だということに地味にダメージ受けています。  

 ついでにもっとショックを受ける記事を貼っておきます→ 名作キャラの年齢  あ、でも、ここまでいくとこの人達が老けてるだけって開き直れるわ。 

 ♪Rollins Band - Ghostrider  カード絵のイメージ作りに流してたんだけど、ゴーストライダーってZ/Xに出てきそう。 安直な歌詞が格好いい。 ついでに4:40あたりで「何処じゃ?ここ!! 何処じゃ?ここ!!」って空耳アワーネタが入ってるのもポイント。 

 ポチッとコメントありがとうございました! わわーっまさかの黒王さま降臨! お越し下さって恐縮です。 ささっ粗茶ですが…つ旦 鬼畜ゲスっぷりコメントに笑わせて頂きました。 あ、ペチャパイジャンヌも大事にして差し上げて下さい! 貧乳なだけで根は良い子ですからっ!ウッウッ それから罪の華エンドもお疲れ様です。 感想もお待ちしてます。  

■3月13日(月)・仕事絵情報(フォースオブウィル)

 トレーディングカードゲーム「Force of Will」のカードイラスト3点を描かせて頂きました。

・2/10発売の Vingolf 「Ruler All Stars」 

 オルレアンの乙女 ジャンヌ・ダルク …ジャンヌ再登場(前回は「目覚めし純真 ジャンヌ・ダルク」)。 一度は戦死したものの、炎をまとって復活した…というシチュエーション。 

 熱風の魔石 …最近の魔石はバリエーションが豊か。 イラストレーター達も自由な発想で描いています。 今回私は、主に海外向けということで、日本独自の様式、縄文土器をモチーフにしたデザインにしてみました。 

・3/10発売の ラピスクラスタ第3弾 「聖魔大戦」

 夜の月花 …かぐや姫の魔法具の一つ。 花だけだと画面が寂しいので、かぐや姫も加えました。 実ると蓬莱の玉になる…という設定にしました。 

 昨晩は半月ぶりに晩酌しました。 シャンパンってシャンパーニュ産だから高いだけなのか、他のスパークリングはどうなのかと気になって、チリ産(サンライズ)お試し。 私好みの辛口、美味しいです。 以前飲んだシャンパン(モエエシャンドンやヴーヴクリコ)に比べたら泡の舌触りがちょっと荒いかな。 でも普段用には十分。 

■3月12日(日)・

 緊急案件済んでホッとしてます。 

 「坂道のアポロンBONUSTRACK」 彼らのその後が描かれていて、読んでよかった。 劇中、暴れん坊の千ちゃんは将来チンピラとかヤクザになりそうだとハラハラしていたけど、意外な道に進んで、幸せそうで嬉しいけど、なんだか寂しくもあり…。 あんなに格好良くてモテそうなのに…勿体ない…。 ホッとしたり、ほろ苦さに浸ったり、目頭が熱くなったり、この作者さん短編上手いなー。

 「オルフェンズ」感想… 寂しい。 そして更に辛い展開に…。 視聴者は皆「毒を食らわば皿まで」な心境よね。

■3月11日(土)・

 昨日緊急案件を頂き、明日納品のやつ取りかかってます。 焦ってる電話もらったら断れない。 

 Nさんセレクション「日曜美術館」 洋画家・戸嶋靖昌…心打たれる絵と生き様、今日は2度目の鑑賞です。 見る者を圧倒する容赦ないリアリズム。 画家さんとしてはとても憧れ尊敬するけど、しかし、人間としてはアカン奴やと辟易したり(汗) 彼の絵を見ていると「芸術の為に人間辞めるか?」という危険な衝動に突き動かされます。 彼の画風は、社会性という化粧や矯正具を施した感性では描けないと感じたからです。

 妻子を置いてスペインで売れない絵を描き続け、奥さんに仕送りをして貰い、おまけに現地ではただならぬ関係のモデルもいるぞ…?と。 奥さんは覚悟の上かもしれないけど、子供はとても可哀相。 自分の追及している事以外、興味も愛情も持てない徹底したエゴイストというのが、この手の人々の本質だと思います(あくまでも悪気は無くて、そういう生き方しか出来ない) 持てるエネルギーの全てを傾けられたからこそ、こういう透徹した境地に至れたんじゃないのでしょうか。 

 私自身、昔は自分のことで頭いっぱいで、他の事に気が回らず、かなりダメな人間でした。 勿論さして才能があるってわけではなくて、一生貧乏暮らしで終わりそうだったから商業作家を目指したわけで。 今は、周りに迷惑をかけたくないし、大事な人も増えたから、「芸術の為に人間辞めるか?」と問われたら、無理だと答えるしかありません。 

 彼の絵を見てると、身につけた社会性がこびりついた垢のように感じられてきて、その生き様が羨ましいとも思えてきます。 

 メモ…アニメーターになるには、アニメを制作するには 

 メッセージありがとうございましたー。 ビシャス確かに好みかも…♪ 罪の華エンドの感想お待ちしております☆ 

■3月10日(金)・

 このオルフェンズ身長対比図、オルガまさかの2m、ちびっ子キャラ萌え〜と愛でていたヤマギ170センチ↑、タカキ180センチ↑なんじゃこりゃー嘘つけー(大笑) 

 あとこの話題も笑ってしまった→ 朴氏を弾劾する裁判官… ←わー私もこういう一大事の時はうっかりやっちゃいそう。

 「カウボーイビバップ」見始めました。 面白いです。 学生時代、家庭教師先の教え子がハマっていたのが懐かしい。 絵柄や作画技術は20年でこれだけ変わるものだなぁ。 

 あと鉄華団放送局やkalafinaの曲流していました。 

■3月9日(木)・

 久しぶりに借りた「坂道のアポロン」 二周目も楽しめました。 学園祭のシーンは今観ても鳥肌もの。 漫画、後日談が出てたのを今知ってポチッちゃいました。 そうそう、千ちゃんのその後とか気になってたんだ。 ぶっきらぼうだけど繊細な面もある千ちゃん、好きだわー。 細谷さんの声もとても合ってて素敵。

 メモ… 「グレートウォール」 …予告見る限り、絵面は中華版ロードオブザリングって感じ? チャン・イーモウ監督作品は「初恋のきた道」以降、悪い意味でハリウッド的になってあんまり…でもちょっと気になる。 「初恋の〜」は生涯観た映画ベスト3に挙げたいほど好き。 

 きいやま商店 最近プールでよく会う沖縄好きなマダムから教えてもらった石垣のバンド。  

 ポチッとありがとうございます! お疲れ様です!クリアおめでとうございます&罪の華ルートお楽しみにー♪ 

■3月8日(水)・

 ロバート秋山のクリエイターズファイル 面白すぎ。 あ〜これ情熱大陸あたりでよく見かける人々だ(笑) 各業界人のドヤ顔の使い分けが上手いなー。 

 「鬼平」9話も良かった。「俺みたいな奴になるなよ」って言葉は憧れたくなるような人が言ってこそだなぁと。 この言葉で以前勤めていた会社の上司思い出しました。 自分より立場の弱い者は虐め、目上の人の陰口ばかり。 私が辞める際に同じ言葉で送り出してくれたんだけど、いやいやいや…(汗) 他人に対して不満の強い人って、自分自身を好きじゃないし、好きになる努力をしていない傾向があるみたいです。 私自身もともと自己嫌悪の強いほうだったんだけど、他人に不満の矛先が向く前に努力をしようと、彼を見て強く心に決めました。 もしかして、「俺みたいな自分を変える努力をしない人になるな」って意図だったのかな。 

■3月7日(火)・

 「弱虫ペダル」9話 …時間は一気に飛んで新学期。 まさか、あの、実力のない見栄っ張りな杉元君を見直す日が来るとは…! ここは頑張って選手になって欲しいけど、無理かなー。 あと先輩呼ばわりしあって照れる2年生たち可愛すぎる。 

 モスのリッチ海老カツバーガー蟹チリソース ホットチキンバーガーにやや似てて好き。 蟹風味はあまり感じられないというか、個人的に入って無くてもいいような。 エビはエビで味わいたいし。 

■3月6日(月)・

 武具・装飾デザイン。 アールデコ期ラリックデザインのクリスタルの斧ォォォ〜とか、創意の海に潜って色んな様式を探り当てる作業は楽しくて飽きません。 ただし頭を使い込んでるせいか、寝付き悪くなるのが困るところ。

 気になる展示会メモ…

 「茶碗の中の宇宙」 「茶の湯」 …茶碗の世界はよく分からないのでとりあえず行ってみる的な。 そもそも千利休って、悪徳商人とかやましい経歴もあって、正直どう見たら良いのか…。 

 「ブリューゲル バベルの塔」 …ブリューゲルも未だによく分からない。 基本、焦点が絞られていない作風なので、じっくり鑑賞したら良さが分かるのかな? バベルの塔も一見塔が主役に見えるけど、凝視したらちっこい無数の人が、それぞれの役目をせっせとこなしていて、見ていて集中力が持たない。 俯瞰的に個々人を均一に描いてあるという点では、東洋の洛中洛外図屏風あたりと似てるような。 

 「ボストン美術館の至宝」 

 「深海」 …深海魚といえば、アンコウの夫婦関係 ♪身も心も〜身も心も〜ひとつに〜溶けて〜…って歌詞を体現するとこうなるのか竜童組。 どこまでも広く暗い世界を孤独にさまよって、ようやく巡り会って、達成感に浸りながら融合していく…切ないけどロマンチックだな。  

 「タイ 〜仏の国の輝き〜」 

 ポチッとありがとうございました! またチェックバックの合間にメールしますね。 

■3月5日(日)・

 今年公開予定の「将国のアルタイル」 漫画いつか読もう、読もうとかれこれ10年、アニメ化嬉しい。 しかも一目見てピンときました、キャラデザがGARO刻印/劇場版の菅野利之さん(キャラデザ&作画監督)、制作MAPPA。  

 「オルフェンズ」46話 …シノのアガペーいい男ぶりにむせび泣き、ヤマギの報われ涙にもらい泣き、そしてちょっと笑ってしまいました。 なぜかって…(以下反転) ヤマギの明かせぬ恋心、周りの人知ってた〜〜〜!!!(笑) そして、「同性に好かれるなんて」じゃなくて「家族に好かれるなんて」ってところで当惑してるシノよ…ユージンに「え、そういう…?」というツッコミに同意しつつ笑った。 ほんと問題はそこなのかよ、なんて心の広い良い男なんだ!!! ていうかヤマギの心知っててあんな態度取ってたのか、格好良すぎるじゃないか。 そして色々ずるいじゃないか。 ヤマギはずっと、知られたら気色悪がられるって苦しんできたろうけど、シノがそんな人じゃなかったって分かってほんと良かったね(涙) ああこんなファビュラスなプリティーボーイを死なせるなんて酷すぎるわっ! あとユージン、最初はオルガに対抗意識を燃やすだけのヘタレ男子だったのに、いつのまにかオルガを叱咤して辛い決断も下せるほど立派に成長しちゃって。 なんか、序盤際立って尖っていたオルガがかすんでくるこの頃ですよ。

 ポチッとコメントありがとうございました♪ 

■3月4日(土)・春日大社 / ティツィアーノ

 午前中は新規の学校で講師会、午後は美術鑑賞してきました。

 春日大社 千年の至宝展… 丁重に扱われてきたであろう奉納品の数々(楽器・武具など)…なるほどこれが国宝&重文か〜。 タケミカヅチノミコトを奉じつつも、仏舎利に曼荼羅に…と、神仏の習合具合もよくよく見て取れました。 それにしてもトーハクの物販コーナーは欲しくなる本だらけで危ない。 

 ティツィアーノとヴェネツィア派展… ティツィアーノの「フローラ」の繊細な美しさ…色彩の安定感、的確で表情豊かな筆致…は確かに抜きんでていました。  「教皇パウルス3世」のビロードもざっくりした筆致なのに、感触まで伝わってくるよう。 ちなみに彼の「ダナエ」を見たミケランジェロは「様式も色彩も良いけど素描力が足りない」とダメ出しをしたとか(汗) 巨匠をダメ出しする巨匠、俗人とは見える次元が違うんだろうな。 あと、ルネサンス〜バロック期の額縁は豪華で見応えがあります。 今、デザイン案件を大量にこなしている所なので、和洋優れた意匠を見てやる気出ました。 

 今年は想定外の事案続きです。 1月にあったこと…今の学校で所属しているゲームクリエイター科が、来学期から廃止とのことで今後の進退を考えてた所、新規の学校からご依頼頂きました。 するとその直後に、今の学校のイラスト科と、姉妹校のゲーム科からのお誘いも頂き、あれよあれよと3校でお引き受けする事になっちゃいまして。 なんだか神様にもっと修行しろとせっつかれている心持ちです。

■3月3日(金)・

 月イチの診察日。 毎日の水泳の成果でしょうか、ここ4ヶ月以上めまいがきてません。 聴力も上がったし(そういえば、昨年の今頃は片耳がかなり悪くなって入院してたし) 診察も二ヶ月おきになりました。 半年間、快調だったら寛解祝いでもしたいな。  

 今日は高校世界史を流していました 思い出したり初めて知ったり、このシリーズいいなー。 

 来月もセスタス休載のようで…(汗)

 ポチッと応援メッセージありがとうございました! はーい頑張ります! 

■3月2日(木)・

 「信長の忍び」 1回3分くらいの短尺アニメ。 原作の漫画は2008年からヤングアニマル連載中とのこと。 ヒロインは信長に仕える伊賀のくノ一・千鳥。 千鳥の師匠は伊賀上忍・百地丹波。 「下天の華」のベースになってるんじゃないかと思い当たる所があちこち見受けられました。 ふっと笑えるギャグ作品ながらも、史実ネタが盛り込んであって、学べながらも楽しめます。 漫画読んでみようかな。 

 信長の忍び 第0話 

 ♪徒桜(1期オープニング) 

 メモ…あとで読みたい「人間仮免中つづき」 続編が出ていたとは。 卯月さんあれからどうなったのか気になっていたので、読まねば…というか、帯でネタバレしないでよっ(ぷんぷん) 

■3月1日(水)・

 多分今年一番の繁忙期。 発注が今後更に増えるか見通しが立たないので、前倒しで片付けて行かねば〜。 

 メモ…ブーツの種類 

 やっと観ました「ズートピア」、とっても素敵なアニメだった〜! モフモフ3DCG素晴らしすぎる〜。 作業が細かい!! どの動物もみんな魅力的にデフォルメされてて見とれちゃいます。 トガリネズミのゴッドファーザーもナマケモノも超ラブリ〜!! 頭に葉っぱを乗せた狸は日系だったのね(笑) 生真面目なウサギとチンピラキツネのカップル萌え〜♪ 森川さんの声ホント多彩だなー、ニンジャスレイヤー、gleeのシュー先生と同じ声とは思えない。 ヒロインの上戸さんの声も良かった。 どちらかといえば、可愛く作りすぎた声よりも自然な感じの方が好きかも。 

 ポチッとコメントありがとうございました♪

トップへ戻る


備忘録…  ●大エルミタージュ美術館展 ●これぞ暁斎! ●怖い絵展 ●ミュシャ展 ●幽玄 ●茶碗の中の宇宙 ●茶の湯 ●ボストン美術館の至宝 ●深海 ●タイ 〜仏の国の輝き〜 ●ブリューゲル バベルの塔 ●吉田博展 ● ● ●