2018.4.1〜30

過去の日記


【ホエーレの英雄豚 ピギー】 【FORCE OF WILL

イラスト集『怪力乱神 第二集』 イラスト集『怪力乱神 第一集』 『恋獄』通販中

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救って下さい! ご賛同下さる方はクリック&拡散お願いします。 

 ※FC2メールフォームで頂いたメッセージが時々迷惑メールに振り分けられている場合があります。 そのためお返事が遅くなる場合がありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

■4月30日(月)・キュリオス(シルク・ドゥ・ソレイユ)

 シルク・ドゥ・ソレイユのキュリオス。 絵仕事を紹介下さった絵師Kさんへの、お礼接待も兼ねて観てきました。 とても楽しんでくれてたようで何より。 今回のコンセプトはスチームパンク、とてもスタイリッシュで統一感があって、しかもありがちなテイストで済ませてないところが素晴らしかったです。 パフォーマーの物凄い集中力、どれほどの鍛錬を積んできたんだろうか。 現役でいられる限りある期間の、若く強靱な輝きは涙を誘うほど美しかった。 特に半魚人(マッドサイエンティストが作り出したミュータント?)の軟体芸の奇怪にして妖艶な美に見とれました。

■4月29日(日)・大ヴァンガ祭×大バディ祭2018

 ブシロード様のカードゲームイベント、大ヴァンガ祭×大バディ祭2018(東京ビッグサイト)に招待頂きました(感謝) 作家控え室で、初対面や旧知の方々と歓談・営業・情報交換。 特に今回、ある作家さんへ勇気出して話してみたら、ここ3年来のわだかまりが解けて、ひとつ安堵しました。 

■4月28日(土)・

 Pixiv FANBOX開始されてますね。 ファンから月いくらか援助金を頂くというシステムで、とりあえず私は様子見。 確かに、作品見てるだけの消費者の意識を変える良いきっかけかなって思う一方で、私だったら、お金頂いてるからには期待に応えようと気負いそう。 私には合わないかも。 

 ここしばらく、生徒の仕事紹介の件であれこれ気を回してました。 生徒・業者ともに損にならないよう、バランスの取り方の難しさと責任を実感。 基本無料奉仕だし、それなりに時間消費したし、今後は負担にならない範囲で引き受けよう。 色々抱えて窒息しそうになる自分の不器用さが嫌。 変わらなきゃ。 

 「メガロボクス」 4話 今回も泥臭くて良い!

■4月27日(金)・

 昨日通勤時に読んだ「ゼロ」33巻 ダ・ビンチ回… (以下抜粋)ダ・ビンチは父セル・ピエロ(当時26歳)と母カテリーナ(当時25歳)の間に生まれる しかし親の二人は正式には結婚していなかった 父はまもなくフィレンツェの良家の娘アリビエーラ・アマドーリ(当時16歳)と結婚 そのアルビエーラもダ・ビンチ13歳の時に死亡 翌年 父は後妻を迎える 後妻は17歳でダ・ビンチとは3歳違いだけであった ダ・ビンチの父親は78歳で死亡するまで4度結婚をし、3番目と4番目の妻との間に8人の子供をもうけた ダ・ビンチの手記に肉欲を抑制しない者は獣の仲間になれ≠ニ書いている このダ・ビンチの性に対する嫌悪感は父親の影響が大であった その反動か ダ・ビンチは同性愛に走る  …とまあ、親父の無茶苦茶ぶりに腹が立つけど、まっとうな親だったら稀代の万能人に成らなかったのかも。 複雑な気分。 

 都心でクリニックを営んでいる幼なじみから仕事の相談を頂く。 まー立派になっちゃって、鼻が高いよ。 

■4月26日(木)・仕事情報【Z/X】

 本日発売のカードゲーム Z/X Zillion of Enemy X (ゼクス) 第24弾にて2点描かせて頂きました。

 驕れる傲岸スペルビア …「七大罪 驕傲の魔人スペルビア」(元デザイン・BISAI氏)の強化バージョンを、今回私が担当いたしました。 大作りな仮面はグリフォン。 たまにはエッジの効いた輪郭で描いてみました。 

 捕食飛虫サラセニアエンマ …私には珍しく緑の世界。 サラセニア(食虫植物)とエンマハンミョウが合体したプラセクト(緑の世界の植物と虫の合体怪物)です。 さりげなく獣人を食った痕跡が…。 厚塗り。

 今日は朝から出講。 午前・午後、計6時間喋りまくって気分転換になりました。 担当してるのは来年卒業の2年なので限られた時間を有効に使わせなきゃいけない。 私の授業は一人一人巡回して話し込んだりポートフォリオのチェックして、各自就職対策を練ってくやり方なんだけど、あっという間に時間が経ってしまう。 若者のポートフォリオからは凄く脆くて傷つきやすい魂の波動がびしびしと伝わってくる。 壊れ物のようにそーっと扱う。 

■4月25日(水)

 漫画版「ゴールデンカムイ」 13巻まで追いつきましたよ。 も〜、巻が進むごとにつれて斜め上を行く変態がぞろぞろ出てきて泡吹きそうになりましたが、でもやっぱり面白くて止まりませんでした。 作者さんの情報量とダイナミックで美しいコマ割り、実に素晴らしい。 主人公・不死身の杉元が常識人に思えてくるほど濃くて良い男がたくさん出てきますが、すけべすぎるマタギの谷垣さん(本人すけべじゃないんだけど)が今の所一番のお気に入り。 

 しばらくぶりによく眠れました。 明日は3週間ぶりの授業、人間らしく振る舞えるよう頑張ろう。 

■4月24日(火)

 漫画版「ゴールデンカムイ」 読みふけってました。 凄く面白い。 アイヌやマタギの狩猟の知恵もよく取り入れていていちいち感心してしまう。 ヒグマこえぇぇぇ蝦夷おっかねぇぇぇ。 小熊もリスもタヌキもアザラシも可愛いのにみんな食べ物…! ヒンナヒンナ。 

 仕事が入ってきたのでそろそろ通常稼働モードに入ります。 この数日、良い骨休めが出来ました。 

■4月23日(月)・至上の印象派展/ターナー展

 「至上の印象派展」 絵画史上、最強の美少女(センター) …美少女(センター)。 さておきたいへん質の高いコレクションでした。 金持ちだったら集めたくなる定番ラインナップというか。 どの画家も病魔や辛い運命と向き合っていたという内容の音声ガイド聴いていたら、気持ちがずーんと沈んできました。

 「ターナー展」 こちらは内覧会にご招待頂きました。 一般公開は明日24日から。 全作ターナーづくし、17歳の頃に描いた建造物の完成度も素晴らしくて、空間認識能力と色彩感覚が元々優れたのだなと唸るばかり。 ワイン好きな人がソムリエになったら、色んな思考が頭を占めてワインを素直に楽しめなくなった、といったコメントをどこかで見かけましたが、やっぱりそれと同様にめちゃくちゃ素晴らしい絵を見ても、純粋に美を堪能出来なくなりました。 わー自分もっと頑張らなきゃ−!という焦りとか。 まあ、代わりに描く楽しみはありますが。 

 ポチッとありがとうございました!

■4月22日(日)The Queen of Death

 アメコミプレゼン用のイラスト描きました。 

 「孤独のグルメ」 3話はメキシコ料理。 なじみが無くてそこまでそそられなかったかな。 ネットでレシピ調べて味を想像。  いつか食べてみたいかも。 今回もよく食べましたねーざっと見て5000円くらい? 松重さん頑張るなぁ。 

■4月21日(土)・

 還付金ゲット! コツコツ帳簿付けた甲斐がありました。 

 今日はプレゼン用のオリジナル絵を描いたり高校倫理の教科書を読んだりして、自分自身を見つめ直してました。 昔学んだはずなのに、初めて理解できたような事柄が多くて、今まで自分何してきたんだとため息が出てしまう(同時に、この境地は高校生にゃ分からんだろうというのもあるけど) もっと賢くなりたい。 

 「メガロボクス」 3話 ジョーの男気にしびれる回。 (原案に即している場合)女王様がこの野良犬に「あなたが好きなの」とすがりつく日が楽しみでならないっ。 あら、勇利ったら意外にムキになりやすいタイプなのかしら(萌) にしても、そんなパワードスーツ着て殴り合ったら生身の体じゃ死なないか…と心配になってくる。

■4月20日(金)・

 次の発注までもう少し余裕があるので、のんびりしています。 

 「共闘ことばRPGコトダマン」3日で100万ダウンロードおめでとう! 凄い!
 
 「弱虫ペダル GLORYLINE」 15話 筋肉を作る変態VS触る変態に決着。 今回も手に汗握る見応えのある対決でした。 アブ君最高じゃないか!! アンディとフランク(アブ君の左右大胸筋)も良いキャラしているよ! なんだか私も筋肉を鍛えたくなってきたよ! そして新海さん!福富さん!東堂さん!卒業生組の登場めちゃ嬉しかった。 新海さんほんと格好いいわ…! やーでも、今のところ総北の見せ所がないので、やっぱり最後に優勝するのは今年も総北かな? 

 「銀河英雄伝説」 〜3話 実は旧作は途中で挫折してしまったんだけど、これはコンパクトにまとめてある感触なので、最後まで楽しめそう。 

 はじめの一歩最新話(以下反転)…速水さんの試合をじっくり描いてらっしゃる。 速水さんのあきらめないガッツも良いな。 好きになった。 

■4月19日(木)・

 ちょうどGyaOで「名探偵コナン “安室透”セレクション」配信されてたので観ました。これで安室ファンの生徒たちと話があわせられるぞ。 中には映画館に十回以上足運んでる生徒もいたりするんですよ。 

 昨日の「伊集院光とらじおと」は関根勤さんがゲスト、昔はまってたラジオ番組「小堺一機と関根勤のコサキンでワァオ!」のコサキンソング(変な曲)特集やってて懐かしかった。

 「らじおと」では取り上げられなかったけど、私が真っ先に頭に思い浮かぶのははシャルル・アズナブールの「イザベル」。 1:50〜あたりの、「好きすぎて笑っちゃってる」っていう歌いぶりは当時衝撃的でした。

 風間ひろしとメロディー・クィーンの「君が欲しい」も陰湿な歌詞と、「なめこのぬめりのような」って紹介されてたイントロの曲調が印象深い。

■4月18日(水)・勇利

 メガロボクスの勇利いいわ〜 力石枠なんだから今からお通夜の心構えをしておかなきゃ(涙目)   … … 描くの、めっちゃ、恥ずかしいわ……(照)

 今日はまる一日適当にラクガキなどしてました。 

 メモ…スマホ版悪魔城ドラキュラ β版!やりたい!

 田中一村の絵画(岡田美術館 〜9/24) いよいよ入場料の高さに屈する時がきそうだ(苦笑) 田中一村と東山魁夷が同期だったというのは初耳。 なんか一村はもうちょっと昔なイメージがあるのは、亡くなったのがわりと前だからかな? 

■4月17日(火)・お仕事情報【共闘ことばRPGコトダマン】

 16日、ソーシャルゲーム「共闘ことばRPGコトダマン」(SEGA様) がリリースされました。 ヨアケミカル、コディアック魔、ミカ桐(各2バージョン)を担当しております。 巷の評判は良いようで、よろしかったらどうぞー♪ この頃流行の動く仕様になってますが、これ、パーツを細かく分けて描くのでかなり手間がかかっております。 SAIではレイヤー上限超えてしまったので、クリップスタジオを導入して慣らしつつも作成しました。 でも実際愛くるしく動いている姿を見て、携わって良かった。

 ひとまず仕事が一段落ついてホッとしてます。 ようやくスケジュールに空きができたので、自分を見つめ直せるような絵を描こう。 

 比嘉選手の件のショックも徐々に和らいできました。 思えば、既存のボクシング映画や漫画に、こんなにも振れ幅の大きい劇的なボクサー人生を送っているキャラクターはいただろうか…。 なんだか物凄く貴重で先の見えないドラマを観ているような気にさえなってきました。 当人は想像を絶する苦しみに苛まれているだろうけど、敢えて頑張れってエールを送りたい。 復帰戦があれば必ず観に行くわー。 

■4月16日(月)・横浜ぶらぶら

 2週間ぶりくらいにまとまった睡眠が取れたような。 今日も気晴らしに横浜の美術館行ってきました。 (ぐるっとパスの奴隷になってしまったようじゃ)

 「アンティーク・レース展」 美しくて奥が深い。 途方もない作業量にあてられたのか、ちょっと息が詰まってしまいました。 想像以上に多彩な図案は今後の衣装デザインに活かしたい。 偶然、クライスさんと安田成美さんが報道向けに対談しているところも見られて、ちょっと得した気分。 

 「ヌード展」 「接吻」は、数年前にロダン美術館で見た1代目のと比べてサイズが大きく感じられたような?? 微妙にうねる肌の凹凸が実に官能的。 フランシス・ベーコンはやっぱり凄まじい。 狂っちゃいるけど筆の走らせ方や量感の取り方が絶妙で。 

 アニメ「メガロボクス」 〜2話 あしたのジョーから起案したSFテイストのボクシングものなんだけど、昭和感を良い感じにアレンジした作画がかっこよくて好みです。 勇利、うわっ何このあからさまにイヤらしい良い男は!ハマりそうな予感。 お嬢様と勇利が、葉子と力石に「GARO DIVINE FLAME」のサラとダリオを混ぜたようなキャラデザに仕上がってて俺得仕様。 あっでも葉子はジョーに惚れるんだっけ。 

■4月15日(日)・

 「アイドリッシュセブン」15話 残酷なエピソードでした。 生き別れの妹を見つけるためにアイドルになったタマキ君。 再会する企画番組を組んでもらったものの、妹が見つからなかった代わりに父(家庭を壊したろくでなし)とサプライズ再会って…あんまりだ。 私好みなシナリオって、だいたいどれも昭和っぽい泥臭さがあります。 ライバルユニット・トリガーの3人もみんな情が厚くて正義感があって良いキャラ。 

 「異世界居酒屋」 1話 先日観た「異世界食堂」と切り口が同じ。 異世界ものを色々観てて思うのは、今はやりの「外国人に自国の文化を賞賛して欲しい感」が根底にあるというか。 

 「孤独のグルメ」 2話 おおー経堂はいつも通過する駅ではないか〜。 しかしこんなにアットホームで穏やかな雰囲気のバイキング屋さん(しかも1500円、飲み物200円って安すぎる)、今頃大行列なんだろうな…。 他人事ながらちょっと心配になってしまった。 バイキングでもゴローさんの食べ方は上品。 

 比嘉選手の件は残念でならないけど、挫折を糧に再起を祈るばかり。 適正体重で無理なく戦う姿を見せて欲しい。 頑張れ! 

■4月14日(土)・ぐるっとパスでぶらぶら

 気晴らしにぐるっとパスを購入して、美術館巡りしてきました。

 文化学園服飾博物館「ヨーロピアン・モード」 豪華なドレスを着たTL小説の挿絵(凄く綺麗な表紙が多くて)とか描いてみたいという目標もあったりするので、一度実物を見てみたく。 ロココから現代までの女性のドレスを一覧でき、フリルの種類や使い方など参考になりました。 どの時代のドレスも素敵なんだけど、コルセットなんて着てたら仕事も満足にできないよ。 着たい服が選べるっていうことは、やりたい仕事が選べるっていうことでもあって。 現代女性はほんとに自由で恵まれてるなと実感しました。 あと、バブル期に流行った肩パット張ったやつはパワースーツと称するのか…まんまだな(笑) 

 東京都庭園美術館 リニューアルされたとのことで、久々に行きました。 ラリックの調度品にセーブルの茶器に、ダイヤがびっしり並んだアクセサリー類…。 何から何まで一級品でため息が出ます。 ここに住んでみたら…と想像してはみたんだけど、庶民の私は借りてきた猫みたいな感覚が抜けなさそうだ(苦笑) 

 日本の四季(パナソニック汐留ミュージアム) 東山魁夷の「山峡朝霧」だけでもう胸一杯。 すごく値が張る良い絵だというのが私でもわかりました。 松下幸之助氏が画伯に依頼した一幅だそうですが、高額提示されて、その額に見合ったクオリティの絵を提供できるっていうのが凄い。 

 またしてもゼロを読みふけって帰りの電車乗り過ごしちゃった。 ゼロもパワースーツが鉄板スタイルや。 ドヤ顔にパワースーツ、攻め、いやもはや責めの境地か、恐ろしや。 エミール・ガレ回も何でこんなことまで知ってるんだこの作者って内容でした。 

 充実した気分で帰ってきたら、ああ、比嘉選手……

■4月13日(金)・

 漫画「Stand by me 描クえもん」(佐藤秀峰 著) 今だけ1巻無料で読めます。 とっても面白くて読み応えがありました。 緻密なのにすっきり見やすく整理された作画がほんとすばらしい。 成功できるのはほんの一握り、しかも、たとえ富と名声を得ても苦悩はつきまとう。 それでもあえて茨の道を歩むということについて考えさせられます。 佐藤先生の駆け出し時代の話「佐藤まんが道」も併せてお勧め。 …というかF先生の待遇ひどすぎませんか。 

■4月12日(木)・

 ドラマ「バイプレイヤーズ」シーズン1&2 魅力的な役者さんたちの演技を観てるだけで満足。 ただ、最終回でも活き活きとお茶目に演ずる大杉漣さんを観ているのが辛くて、メンバーが揃うエンディングシーンは平常心ではいられない。 それにしても、松重さんのCMの量ったら。 しかも食料品ばかりなのはやっぱりゴローさん効果ですよね。 

 今日は気温が25度まで上がったので、冷やし中華を作りました。 コンビニの肉まんもそろそろおしまいかな。 小学校時代、家から2キロ離れた島の中心街に一人でバスでぶらっと出かけるのが何よりの楽しみでした。 文具屋寄って、スーパーのゲーセンでちょっと遊んで、夏はアイス、冬は肉まん食べながら帰りのバス待ってたっけ。 今まであちこち旅行したけど、あのたった2キロのお出かけほどワクワクを感じてないような。 

■4月11日(水)・

 ここしばらく引きこもりがちだったので、近所のショッピングモールで店回ったり食事したり、気晴らしできました。 とんかつを食べたので、しばらく控えめな料理をと、野菜ジュース(無糖・トマトベース)でミネストローネ作ったのですが、とてもおいしく食が進み、ダイエット食になりそうもなく…(汗) 

 「ヴァイオレットエヴァーガーデン」 〜13話(終) 愛を知らない戦闘人形も、人との関わりを通じて徐々に人間性を取り戻し、愛の意味を知るようになりました。 これからはきっとすばらしい人に出会えて幸せな人生を送れそう。 あーでも、少佐生きててほしかったな〜。 しかしこれを観ていて、自分は実はこれ以上なく深い愛というのを体感したことがないんじゃないかという疑念がわいてきてしまって、どうにも不安になってきます。

 はじめの一歩感想(以下反転)…現役としてがんばる速水さんに触発される一歩。 き、木村戦は早く終わらせてください…(汗)

■4月10日(火)・

 アニメ「異世界食堂」(音出ます) 全12話 ファンタジー版「深夜食堂」って感じ。 印象に残るキャラや心踊るエピソードが出てくるというわけでもなく、心優しいマスターの心遣いにほんわか癒されました。 食事シーンがとても美味しく描けており、食欲沸いてきます。 久々に仲間数人とカプリチョーザで宴会やりたいな。 

 花粉症を疑ってた目鼻のムズムズはいつの間にか消えてて、あれは一体何だったのかと首を傾げてます。 軽い静養期間中なんだけど、どこか出掛けたいな〜。 

■4月9日(月)・

 アニメ「りゅうおうのおしごと!」 全12話 将棋の竜王になった16歳の少年が主人公。 小学生女子の弟子達や、姉弟子たちに慕われるハーレムものなんだけど、対局シーンは見応えありました。 年齢制限がかかった25歳の姉弟子のエピソードは観てるこっちも応援したくなってきたし。 それにしても、幼女相手にラッキースケベなんかもあって、実写ドラマだったらキツい絵面だっただろうな(汗)  

 ツイッターで上がってたアラーキー氏の元モデル・KaoRiさんの記事「その知識、本当に正しいですか?」…想像を絶する辛さが伝わって来ました。 芸術家って非常識を他人に納得させられるだけのパワーを持ってる所がタチ悪い。 自身の至らなさやろくでもなさを「俺芸術家だから」で片付ける人は卑怯だ。 私はけっこう変人や天然扱いされるのも嫌で、昔は自己嫌悪したり悩んだりしてました。 でも、記事読んで、つくづく、内省したり改めたりするのは大事だなと思いました。 若者たちの為に良い大人になろう。 

 ポチッとありがとうございました☆

■4月8日(日)・

 今日はトンカツを食べる為に1時間半泳ぎました。 ゴローさんも罪な人だ。 体調はまあまあ。

 「GARO VL」 最終話  最高レベルのアクションシーンは必見ものでした! スタッフの皆さんお疲れ様。 最後には色々ドッキリさせられるような新情報が盛られていて、これは劇場版に続くのか期待が持っていいのかな? 

 セスタス 最新話(以下反転)…勝ったエムデンも負けたソロンもそれぞれ気高く美しい。 「成功や達成が幸せに繋がるとは限らない」といった旨の言葉は考えさせられます。 先生が何の為に漫画を書き続けてらっしゃるのか、簡単には答えられないものが伝わって来ました。 卓絶した漫画の才能を持たれてるのに、先生の作品からは常に悲愴感が漂ってるというか。 いつぞやルスカが「人間の本質は孤独」と語ったように、聡明なあまり人並みの幸せを甘受できない性分なのでしょうか…。 ともかくこの漫画の行く末を見守りたい。 連載完走応援してます。

 はじめの一歩 最新話(以下反転)…これから木村戦? 長引かないようお願いします。

■4月7日(土)・

 「孤独のグルメ」新シーズン始まった〜♪ ゴローさん相変わらず美味しそうに食べるな〜深夜にトンカツなんて罪な。 

 新アニメ「銀河英雄伝説」 巷では黒子のバスケ呼ばわりされてるようですが、結構無難で良いキャラデザだと思いました。 渋いナイスミドルも多いし。

 気圧変化の影響か目眩が出てしまい、ほぼ1日横になってました。 

■4月6日(金)・

 確定申告の検収印付き控えが戻ってきました。 お、還付金貰えそう。 同時に国民年金の納付書も届いてて、年々高くなる額と、将来どれだけ貰えるのか、そもそも貰えるのかという不信感にモヤモヤしてます。 

 新アニメ「グラゼニ」 稼ぎ時が限られてるプロ野球選手のお金事情。 私も稼げる時に稼いで、貯蓄はちゃんとしておかなきゃ。

■4月5日(木)・

 今日は学校初日、良い気晴らしになりました。 やっぱりたまにはよそ行きの顔になって多くの人に会って気分転換しないとダメだーと実感した本日でした。 ずっと家で黙々過ごしてたら余りの単調さに気分が褪せてしまって…いつ何をしたのか覚えてない。 

 初めて朝の快速急行に乗りました。 おおお、以前より10〜15分くらい短縮されてる。 朝の10分短縮がどれだけ有り難いか…! 真っ赤な 新型ロマンスカーにもそのうち乗れたらいいな。 

■4月4日(水)・

 今日は診察で半日費やしてしまいました(殆ど待ち時間だけど…主治医の先生多忙すぎてこっちが心配になるくらいでござるよ) 明日から学校だから早めに寝なければ…。 

 「ギャグマンガ家人間ドックデスレース」(つの丸著) 不摂生な漫画家の集団人間ドック… み、身につまされる…! なかなかシャレにならないけど笑えるブラックジョーク満載でお薦めです。 丁度私の家にも市から出てる検診票が来たし、行こか。 

 ポチッとありがとうございました☆

■4月3日(火)・

 「弱虫ペダル GLORYLINE」〜12話 今回も面白いですよ〜。 みんなそれぞれ好青年ばかりでも〜目移りしまくり。 私は今年もやっぱり箱学推しかな。 総北も好きですが、ただ、青柳先輩を呼び捨てにする鏑木君はちょっとイラッと来る。青柳さん心が広いな。「さんを付けろよデコスケ野郎」…デコスケじゃないけど。 

 MAD朴性厚 朴先生ほんと天才だわ…ベヨネッタが観たくなりました。 

■4月2日(月)・

 映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 良い映画でした。ナチスに奪われ、オーストリア政府所有となってたクリムトの「アデーレの肖像」を裁判で取り戻すユダヤ人女性マリア(アデーレの姪)の物語。 マリア本人、失った物や辛い体験が多すぎて、復讐や所有欲といった簡単なものでは決めつけられないものを抱えてるんだな。 

 でも観た後少し時間が経って、あのベルヴェデーレ宮殿とクリムトの絵の絶妙な相性を思い出したら、なんだか引き離すのが勿体ないような気もしました。 マリアが提案した「オーストリア政府が過去の過ちを認めたら絵はそっちに置いて良い」って条件、国民に総意を伺ったらどうなってただろうか。 きっと国民は裁判の結果に凄いガッカリしたはず。 
 ちなみに美術品と相性抜群な美術館といえば、ベルニーニの彫刻が多数展示されているボルゲーゼ美術館をイチ推し。 美術館の様子←森のかわいい美術館…(外見はかわいいけど中身はヘビーでっせ) 

■4月1日(日)・エイプリルフール@Z/X 

 今年はZ/Xのエイプリルフール企画、メジェド様を担当させて頂きました。 画面を縮小するとスタッフさんたちが描かれたとっても可愛いちっちゃいメジェド様をくまなく見られますよ♪ 商品スペックが1パック70000円+税、純金製、封入特典に各種呪い(笑) いいでしょう買いましょう! 「メジェド様のお散歩」なる不条理なプレイ動画も面白いです。 

トップに戻る

備忘録… ●プラド美術館展 ●人体展 ●プーシキン美術館展 ●世界バレエフェスティバル ●ミケランジェロと理想の肉体 ●モネそれからの100年 ●桜2018 ●名作誕生−つながる日本美術 ●中国の金属工芸品 ●暁斎 暁翠展 ● ● ●