2018.5.1〜31

過去の日記

驕れる『傲岸』スペルビア】 【Z/X

イラスト集『怪力乱神 第二集』 イラスト集『怪力乱神 第一集』 『恋獄』通販中

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救って下さい! ご賛同下さる方はクリック&拡散お願いします。 

 ※FC2メールフォームで頂いたメッセージが時々迷惑メールに振り分けられている場合があります。 そのためお返事が遅くなる場合がありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

■5月31日(木)・

 今日は学校。 魅力的な人物の描き方は、「俺の好きな子はこんなに可愛いんだぞ!」「俺の好きな子にこんな素敵な服着せてみたい・こんな場所に連れて行きたい」っていう気持ちを目一杯表現に込めるのが一番重要だし、上達のポイント…というのが本日のハイライト。

 4月頃まで体調不良に悩まされましたが、今月はようやく復調してきた感触。 来月からは忙しくしても良いかも。

■5月30日(水)・

 「マツコ・有吉のかりそめ天国」 名店の肝吸いと鰻重。 改めて見ると肝吸いの肝の形ってなかなかだなー(苦笑) でも好き。 10数年ぶりに中野にある鰻屋・川二郎に行きたくなりました。 「美味しんぼ」にも出てきた名店で、10席足らずのカウンター席があるのみの小作りな飲み屋さん。 ウナギの串焼きがメインで、鰻重の代わりに小さい鰻丼を出してくれます。 営業時間は午後5時〜9時まで(笑)

■5月29日(火)・

 「マツコの知らない 紅茶/パラパラの世界」 お茶も茶菓子も庶民的な品選びに好感。 パラパラは森さんのダンスがかっこよすぎて何度も見入ってしまいました。 どんなジャンルでも極めてる人のパフォーマンスは素晴らしい。 

 アニメ「フルメタルパニックIV」 〜5話 平成11年の出来事なのね。 私が上京前、宮古島から出版社に持ち込みに行った頃を思い出しました。 あの頃出たアニメの続編か、随分なブランク。

 アニメ「ゴールデンカムイ」 8話 愛する人(杉元)に殺されたい囚人登場。 妄想からの絶頂シーンしっくりきた表現で面白かった。 

■5月28日(月)・

 スマホゲーム「コトダマン」 400万ダウンロードおめでとうございます☆ (ヨアケミカル・コディアック魔・ミカ桐 描かせて頂いてます)

 昨年600円で購入した液晶タブレット用手袋、最近、見た目同じ感じのが100円で売ってて、おそるおそる買ってみたら…あ、600円のと殆ど変わらない。 「サイズが大きすぎ!」とレビュー低めでしたが、私の大きな手には問題無くフィット。

 若い頃は手が大きくて〜とか、色々見た目のコンプレックスを持ってたけど、この頃は手があるから色んな作業ができる、足があるから色んな場所に行ける、と一つ一つ感謝するようになりました。 

■5月27日(日)・

 魔法少女ザ・デュエル体育祭in秋葉原のサイン会に参加させて頂きました。 サインをお求め下さった方々、ありがとうございました。 励みになりました。

 尋常でないクオリティと仕事量をこなす方々との出会いが多すぎてありがたく思うと同時に、色々感覚がおかしくなりそう。 

■5月26日(土)・

 「メガロボクス」 8話 出場者決定シーンは曲も演出も良すぎて何度もリピートしては見入ってしまう。 シナリオ・作画・演出・音楽、完成度の高い世界観。 

 「ダーリンインザフランキス」 19話 博士の過去と02の生い立ちの秘密が明らかに。 

■5月25日(金)・上野ぶらぶら

 お隣工事中につき出かけてきました。 

 プラド美術館展 …ベラスケスの内面まで表現しようとする迫真の人物描写…王族がペット扱いしてたという小さい人とか、見ていて気まずくなるほど。 大胆かつ的確な筆致は見事。 ルーベンスやムリーリョ、ティントレット等の秀作も多く見応えのある内容でした。 10年ほど前スペイン行った時に見た時は、なんか地味な画風が多いなという印象だったけど、当時よりもちょっと目が肥えてきたのか、絵の良さが分かってきたような。

 名作誕生−つながる日本美術− …国宝・重文目白押し。 純粋に美しさを堪能できる絵は多かったけど、私自身の集中力や分析力が足りないせいか、傷み黒ずんだ絹布や紙に描かれた作品はモチーフを把握するのが難しかった。 いくつになっても自分の目が節穴に思えて仕方無い。

 「ゼロ」も毎回読み応えがあって移動時間助かってます。 ルノワールの絵皿回、たくさんの女性をひどい目に遭わせた悪漢を逮捕させるため、被害女性たちがカンパし合ってゼロに依頼したのは痛快でした(哀れな彼女たちのカンパ金をゼロは受け取っただろうか)  あと、2000年代はじめに描かれたアフガニスタンの宝物を博物館職員たちが隠すエピソード、あーこれが2年ほど前に見に行った「黄金のアフガニスタン展」の展示品か!と、経緯が繋がって鳥肌立ちました。 依頼をこなしながらコソ泥の戦災孤児に「人を信じる」ことについて命がけで教えるゼロ、格好良いを通り越して神々しい。 全てお見通しだったからこそ出来たんだろうな。 

■5月24日(木)・

 今日は学校。 生徒たちの好きなゲームやアニメの話ができるのはほんとありがたい。 

 通勤のお供「ゼロ」 インターネット黎明期、土器ねつ造事件等、当時のトレンドをおさえていて懐かしい。 カラヴァッジョ回、彼の絵を一目見たマフィアが「この画家は人を殺したことがある」と直感した…と。 私が絵を描く目的は「感性の探究」なので、殺人経験者だから感じ取れるという感性は興味深いです。 殺人も薬物もしない私には一生分からないことは多そう。 

 アイドリッシュセブン 16・17話 再開嬉しい。 ライバル・トリガーのメンバーも凄く好感持てます。 プロとしての心がけや、心に響く台詞も多くて観ていてなんだか気が引き締まってしまう。 まじめで良いアニメですわ。 

 はじめの一歩最新号感想…一歩君セコンド編面白い! 森川先生ギャグほんとお上手。 マイペースなストーリーでも延々と続けてくれたら、それはそれで良いような気もしてきました。

■5月23日(水)・

 ポチッとありがとうございました☆

 GyaO配信中の有吉ジャポンでアムロスで嘆く人々を取り上げてたんですが、ファンの中にはチケット取れなくても遠征して、会場のドアの隙間に耳くっつけて音漏れを聴いたりするのね。 そこまで夢中になれるって羨ましい。 大勢のスタッフの生活を支えたり、ファンがコンサートに行くまでに利用する交通機関やホテル等、多方面において経済活動に貢献しているスターってやっぱり偉大なんだなぁ。 

 セスタス最新号感想(以下反転)…かたくななエムデンがソロンの息子の肩を抱いて次も勝つと約束する…感動。 エムデンデレた。 エムデレ。

■5月22日(火)・

 「マツコの知らない バター/クラゲ の世界」 どちらも面白かった。 私はバターはパンに塗る以外で食べたこと無いのだけど、バターライスやじゃがバター……基本バターで炒めたステーキやパスタ類はあまり好きじゃないので、合わなさそうだけど一度は試してみたいかも。 たた、バターの匂いが充満している職場は辛そうだ。 特に体調不良時、どの匂いも受け付けなくなってしまうので。 クラゲって簡単に飼育できるのか、ならば…って、うち狭いからダメ〜。

 「ゴールデンカムイ」 7話 マタギ対白狼は漲る緊張感に見入ってしまった。 二瓶さんの退場寂しい。 あと谷垣さん対尾形さんの狙撃対決も楽しみ。 7話で4巻消化してるから、なんとか2クールくらいいけそう?

■5月21日(月)・

 「弱虫ペダル」 20話 箱学の葦木場君、穏やかな人の内に秘めた熱さにときめきました。 今まで自信なさげで気弱そうな言動が目立ってたけど、後輩に対する迫力のある態度も取れるようになってて素敵(あの長身で見下ろされたら反射的にすくんでしまいそう) 性格は良いし品もあるし、長身な上に顔も良いしで、申し分無いじゃないか。 

■5月20日(日)・

 セーヴル磁器のパトロンでもあったというポンパドゥール夫人は当時のファッションリーダーだったとよく紹介されるんだけど、ファッションを流行らせるというのは「自分の流儀に倣いなさい」「自分の趣味が理解出来ない人は野暮だ」という無言の圧力だったり同調の意志を問う手段だったりしたのだろうか。 宮廷生活って一見華やかだけど、窮屈で煩わしい面も多そう。

 「ダーリンインザフランキス」 18話 中盤以降から目が離せないほど面白い。 不安要素が多すぎて見続けるのが怖いくらい(以下反転) パートナーを潰してきた罪の呵責に怯えはじめるゼロツー、これも人間らしくなってきた証拠だろうか。 ミツルとココロは記憶消されただけで良かったのかもしれない(結婚式を思い出すきっかけになりそうな指輪がそのままだった所など、ちょいと雑な気もするけど) 案外生き残るかもしれないという期待が持ててきました。 イクノの告白を受け止めるイチゴはクロスアンジュのアンジュを思い出しました。 最初から関係性が安定しているゾロメとミクにもこれから問題が起きるのかな(汗) 

■5月19日(土)・

 絵描き仲間たちとお茶会。 半年前のホテルで色んなハーブティーを飲んだお茶会の翌日、胃痛に苦しんだのは私だけじゃなかったというのを知って妙に納得しました(苦笑) やっぱりハーブティーって薬効があるから、ちゃんぽんで飲んじゃいけないものだったのね。 

 「メガロボクス」 7話 なんか、ジョーと勇利との対決の日が刻々と近づいてきてるムードにワクワク。 でも、階級制が無いから勇利が減量に苦しむという展開はなさそうだし。 あるとしたらギアの暴走とか? 

■5月18日(金)・

 ふとしたはずみで「マネーの虎」の虎たちのその後のまとめ記事を見て、他人事ながらちょっと凹んでしまいました。 やっぱ、慎ましく地道に働くのが一番なのかな。

 はじめの一歩最新話感想(以下反転)…4週くらい使って速水さんが負けてもーた(どんより) 

■5月17日(木)・

 今日は学校。 中国の留学生から「ニンジャスレイヤーズは日本人にはどう見えているのか」って尋ねられて、頭の中が何度もでんぐりがえってます。  生徒たちとダリフラ話で盛り上がる。 

■5月16日(水)・

 「アルテイルネット」サービス終了のお知らせ 15年間お疲れ様でした。 スマホゲーム「アルテイルNEO」に引き継がれるとのことですので、ユーザーの皆様はそちらでもよろしくお願い致します。 

 GyaO配信中の「聖闘士星矢 ロストキャンバス 冥王神話」 蟹様@優しいヤンキーとそのお師匠様ご退場(涙) 次の山羊様もステキなんだわ…というか、黄金聖騎士全員魅力的で目移りしてしまう。  

■5月15日(火)・

 久々にソーシャルゲームのファイアーエムブレムヒーローズやってみたらみるみる時間を消費してしまい、手元に常備するのはまずいと青ざめた本日。 もうしばらく預かってもらおう(汗) でもまあ素敵なキャライラを堪能できただけでも収穫でした。  新章キャラ担当の前嶋重機先生巧すぎる…!

 「ゴールデンカムイ」 6話 今の谷垣さんがガチムチすぎて、このシュッとした精悍な青年は誰?状態(苦笑) どっちも好きなんだけど、今は完全にギャグ要員になってしまってるので、たまにはシリアスで格好いい所も描いて欲しいです。 マタギの二瓶さん、大塚さんの声が実に合ってて格好良さ倍増、死なせるには惜しい。

 あとで買いたい本

 「ヨーロッパの図像 花と美術の物語」 ほんとこの出版社にはツボを突かれまくりですわ。

 「美味しいマイナー魚介図鑑」 

■5月14日(月)・

 「ダーリンインザフランキス」 17話 回が進むにつれて見応えが増してきました。 思春期の危うさにドキドキしてくる。 ミツルが予想以上に男らしくて好感度爆上がり。 序盤はパッとしないスネた男の子だったのに。 ただ、子作りしたら、女は生き残って男は死亡って流れになりそうで怖くなってきた。 そもそも実験体である彼らが子供作ったらその子も…(汗)

 DURANDURANの昨年の武道館コンサートのDVD視聴。 感激が蘇る… やっぱサイモン歌うまいな! 「彼らと同じ時代を共有できて良かった」って実感できるのが、往年のスターのコンサートの醍醐味なんでしょうね。

■5月13日(日)・

 「メガロボクス」 6話 アラガキさんを見事に表現しきった声優さんが素晴らしい。 見てるこっちも泣けてきました。 久しぶりの勇利さん…やっぱ格好いいなー。 ジョーと対戦するのが楽しみ。 勇利さんにミキオと呼び捨てにされる彼はオーナーの兄弟?

 昨日はポチッとありがとうございました☆

■5月12日(土)・

 用事がてら大阪と京都めぐってきました。 

 「明治150年展 明治の日本画と工芸」(京都国立近代美術館) 昨年、三井記念美術館で開催された「驚異!超絶技巧展」と概ね重なる面子。 デザインの参考に図録を購入したものの、現物の細工が細かすぎて写真では認識出来ないものばかり。 こんなにも極まった作品群を見てると、クリエイター名乗るの辞めたくなってくるんだよなぁ…。 とりあえず目の前の仕事がんばろ。

■5月11日(金)・

 「美しき金に心を寄せて」展(中之島香雪美術館) 3月に出来たばかりの朝日新聞創業者のコレクション。 日本の書画や工芸メインで、見応えがありました。 創業者の事業の歩みの紹介コーナーや、立派な邸宅のミニチュアモデルなどもあって、なかなか見せつけてくれますな。 あと、館内スタッフがミス何某のような、目を見張るほどの美人揃い。 こんな所も贅沢なこだわりなんだろうか。 

 「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」(大阪市立東洋陶磁美術館) 冬場にサントリー美術館で開催してたものの、インフルに罹っていけなかったやつ。 時代に沿って様式変えてはいるけど、やっぱり優雅・華麗なロココ調が一番印象深い。 金の塗装のはげ具合などの摩耗感に、こんな贅沢品を使った人が実際いたんだなという感慨深さがこみ上げてきました。 ドレス・日傘と合わせた柄のティーセットでお茶をたしなむのが、ベルばら時代の究極のお洒落だったとのこと。 柄と形状をモチーフにキャラデザしてみるのも楽しそう。

■5月10日(木)・

 今日は出講。 生徒たちとたくさん話しました。 明日から2日間、大阪・京都に行ってきます。 

 「ゼロ」 34巻のフェルメール回。 絵の鑑定の為に絵の具のサンプルを採取する際、目の部分は絶対に避ける、という点から展開される謎解きに唸りました。

■5月9日(水)・

 寒いっ。 3月に戻ったみたい。 

 「マツコの知らない世界」 瞑想回は凄く楽しみにしていたんだけど、マツコさんの「スピリチュアル過ぎると客が引く」みたいな遠慮が働いたのか、核心に迫れていなかったようでちょいと残念。 

■5月8日(火)・

 今日は雨。 黙々と家で作業。 沖縄はそろそろ梅雨入りしただろうか。

 アニメ「ゴールデンカムイ」 5話 伝説のマタギ・二瓶さんの声が大塚明夫さんだよ。 伝説のスナイパーつながりでしょうか。 来週はお気に入りのエピソード、マタギ対白狼だ。 

 アルコール類・カフェイン系飲料がずいぶん遠ざかってしまったこの頃。 夏場は常温・冬場はホットの水かノンカフェイン飲料(無糖)を自販機においてくれたらいいのにな、と密かに願ってます。

 あとで買うメモ…

 神々の宿る銀: 世界の装身具図鑑 地域別編 ミュージアムショップで見かけて一目惚れ。 

 誰でもかんたん!!構図がわかる本: バランス力アップで漫画・イラストが上手くなる!  レビュー欄の「表紙の絵が一見中高生が描いたような下手糞で雑」ってコメント…んんっ?? 上條敦士先生の絵だぞ。 中高生がこんなの描けるほどにハイレベルな時代になったのか、私が「上條先生だから上手くて当然」という思い入れ補正で見てるせいなのか、コメント主の審美眼が高すぎるのか(それとも上條先生が嫌いなのか)、どうなんだろう。 

■5月7日(月)・

 曜日の感覚がズレてうっかりゴミを出しそびれた本日。 

 アニメ「ヒナまつり」 〜5話 ヤクザ×(未来から来た)サイキック少女の日常。 なかなか面白いです。 主人公のヒナは同居したのを後悔したくなるほど図々しくて役に立たないキャラ。 ライバル役のあんずちゃんの方が健気でしっかりしていて好感持てます。 ヤクザの新田さんよ、ホームレス状態のあんずちゃんも引き取ってはくれないかね。 

 最近通ってる接骨院の先生の話によると、肩こりにはくず餅も効くんですって(葛根湯が効くって聞いたことはあるけど)

 ポチッとありがとうございました☆

 兄ー、返信メールは届きましたかー?

■5月6日(日)・

 ゴールデンカムイ再読してみると、マタギの谷垣さんのガチムチ度が徐々に上がってて、野田先生のただならぬ愛をひしひしと感じます。 声優の細谷さん、勃起を連呼すんのか……(笑) て、谷垣さんたまりませんの〜。 出兵のエピソードは泣けるし。 マッちゃん(死なないでー)と幸せになってくれー。 それにしても野田先生の漫画力ほんと天才的…シーンの即したタッチの描き分け、的確な画面構成、時間あるときに模写しよう。 

 「メガロボクス」 5話 今回の対戦相手は傷痍軍人というこれまた昭和っぽいというか。 勇利さんはおあずけ。

 「ダーリンインザフランキス」 〜16話 ヒロとゼロツーは良い感じになって、チーム全体の雰囲気も良くなりつつあるんだけど、忍び寄る様々な不安要素(急激な老化等)…死人出そうで怖くなってきました。 

 ここ数日まとまった睡眠が取れるようになって、精神的にも楽になってきました。 危なかった。 色んな人の約束事や頼み事など断ったりして、とても申し訳ない気持ちもあるけど、あまり良い人になろうと頑張りすぎて、虚像を作り上げてしまうのはいけない。 

■5月5日(土)・

 「マレーに首ったけ」更新されておりました☆ のいち動物園頑張ってらっしゃるなー。 アボカドの種は良いアイデア。

 「ブレードランナー2049」 私は生来、自己形成の覚束なさに苦悩してきたものだから、レプリカントに感情移入してしまいがち。 主人公寄りで観ていたら、良い事なさ過ぎて辛くてなりませんでした。 生きる意義や愛の正体もとことん問い詰めるような、容赦のなさが重たい。 長いんだけど、何度か観て噛みしめてみたい作品。 

 数年ぶりに兄と通話しました。 何やら恩師や同僚たちに私の事を自慢しているらしくて、嬉しいやら恥ずかしいやら。 姪は絵ばっかり描いているらしく、兄曰く「8番目のきょうだいみたいだ」とのこと(うちの兄弟7人全員絵が好きだったから)。 気が合いそうだ。 

■5月4日(金)・アクセサリーミュージアム/ガレも愛した−清朝皇帝のガラス展

 隣家が工事中なのもあって、気分転換とデザインネタ収集に行ってきました。 

 アクセサリーミュージアム ぐるっとパス利用。 ヴィクトリアン〜現代までのアクセサリーと家具・花瓶等。 高価な宝石類を使ってないコスチュームジュエリーというカテゴリーのアクセがメインですが、参考にしたくなるような豪華なデザインが多く、見応えがありました。 ラリック・ガレ・ドーム兄弟の花瓶も数点ずつ。 館全体が宝石箱のようなミュージアムでした。 

 ガレも愛した−清朝皇帝のガラス(サントリー美術館) 確かにガレが影響を受けたというのも納得の素晴らしい品々。 元は欧州からやってきた宣教師が制作に携わってたのね。 ガレは自然物や工芸品、あらゆる物を自身の作風に取り込むのが巧みな人だったんだなとつくづく感心。 見習わなきゃ。 

 「ゼロ」34巻 アル中画家・ユトリロにとことんなりきるゼロ。 常に泥酔して街を彷徨い、誰彼構わず酒をねだっては野良犬のようにあしらわれたりと、醜態さらすのをいとわぬプロ根性たるや(汗) こういう面も見せてくれるから、ドヤ顔パワースーツもかっこよく見える。

 ポチッとありがとうございました! 良いGWを♪ 

■5月3日(木)・

 GyaO配信中の「聖闘士星矢 ロストキャンバス 冥王神話」視聴中。 黄金聖闘士全て格好いい〜特に蟹様@健気なヤンキーがお気に入り。 

 今日も通常稼働。 今わりと余裕があるので、固定観念を見直しながらの描き方してます。 もどかしいけど、良い頭の体操になってます。 絵って難しい。 人との接し方も難しい。 先日、ある人に仕事で頼まれごとされて、それなりに時間かけて対応したのに返礼品等が無かった……までは良いんだけど(基本見返りは求めないし)、その人に「知り合い絵師をもっと紹介して欲しい」って更に頼まれて、しばし躊躇してました。 お礼も満足に出来ない人を紹介してもなぁ〜…友人知人の喜ぶ顔が思い浮かばないよ。 何でも気前よく引き受けちゃダメだ、しっかり断らなきゃ。 

■5月2日(水)・絵仕事情報(魔法少女ザ・デュエル)

 本日発売のTCG 魔法少女 ザ・デュエル第3弾【新世界秩序 祝入学50回生】 にて1点描かせて頂きました。

 TENGU48・筑後坊 …天狗なんだけど、口元がカッパっぽいのが個人的なこだわり。 素朴でゆるい性格。 初めてのアイドルキャラ楽しかったので、この手のご発注をもっと頂けるようになりたいな。 

 PixivFANBOX 色々な意見が出てますね。 「pixiv fanboxなどクリエイター支援サービスで二次創作するのはアウトでしょ…営利だよ、海賊行為だよまとめ」  うーん。 色々考えてしまう。

■5月1日(火)・

 今日は通常稼働。 ラフチェックバックの対応や、先日名刺交換させて頂いた方へメールのお礼参り。

 気がついたらツイッターのフォロワー数が1000人超えてました。 ありがたい。 ツイッターでの活動はあまり積極的ではなかったのですが、今後何かの役に立つかもしれないので、これからはちょこちょこ頑張ってみようかなと。

 アニメ版「ゴールデンカムイ」 〜4話 情報量が濃厚な漫画版に比べると割とあっさりした方向性になってる印象。 でも面白いです。 特典グッズの「うまい制裁棒(ストゥ)」欲しいかも。 

 アニメ版「弱虫ペダル」 16話  モブっぽかった手嶋&青柳コンビの前線での活躍、胸が熱くなるなぁ。 ああこのアニメほんと良いなぁ。 総北は2年連続総合優勝するのかしら? 

 アニメ版「銀河英雄伝説」 4話 通称「手ブラのヤン」でみんな同じ事想像してたのねと、ツイート見てほくそ笑んでましたわ。 小説発刊当時は手ブラなんて単語無かったものね。 

トップに戻る

備忘録… ●人体展 ●プーシキン美術館展 ●ミケランジェロと理想の肉体 ●モネそれからの100年 ●名作誕生−つながる日本美術 ●中国の金属工芸品 ●暁斎 暁翠展 ●ショーメ展 ●ルーベンス展 ●