2018.7.1〜31

過去の日記

The Queen Of Death (オリジナル)

イラスト集『怪力乱神 第二集』 イラスト集『怪力乱神 第一集』 『恋獄』通販中

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救って下さい! ご賛同下さる方はクリック&拡散お願いします。 

 ※FC2メールフォームで頂いたメッセージが時々迷惑メールに振り分けられている場合があります。 そのためお返事が遅くなる場合がありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

■8月14日(火)・

 アニメ「ハイスコアガール」 90年代はじめが舞台、キャラたちはちょうど私と同年代くらいだろうか。 ストUの卑怯技「待ちガイル」、懐かしいなー。 寡黙なツンデレお嬢様、不器用さが可愛くてけっこう好感持てます。 

 コミケ申し込み済ませました。 受かったら簡単なコピー本を出します。 

 私にとって絵を描くって、理不尽なこととか、色々ままならない現実と向き合う時間だったんだよなって反芻してました。 鬱屈としているけど、大切な一人の時間。 

 ポチッとありがとうございました!

■8月13日(月)・

 やっぱり疲れているのか、トータルで半日近く寝てました。 改めて、ほんとに昨日はお疲れ様でした。 あ、通販の方はもうしばらくお待ち下さいませ。

 コミケ出て、外の空気吸って、自分の事を色々顧みてます。 商業作家として頑張らねばという気持ちは勿論あるけど、何より、創作家を志すならば深い世界に飛び込んで行かねばという気持ちが高まってきています。 

 松屋の新メニュー・ごろごろトマトのチキンカレーが個人的ヒットです。 家ではサラッとしたカレー作らないから、こういうのあると嬉しい。 

■8月12日(日)・

 コミケにご来訪下さった方、暑い中本当にありがとうございました。 お疲れ様でした。 

 明日からまた激務モードがんばりま〜。

 「ベルセルク」漫画の方を久々に読んでます。 緻密過ぎる描き込みと壮大な世界観、結構年を取って改めて読むと、三浦先生がどれだけ執筆に人生を捧げてきたのかと、胸が詰まります。 アニマル巻末ではしょっぱいコメント残されてるけど、そりゃあ、こんな大作執筆してたら他のことままならなくなってしまうだろうな。 完結まで頑張って欲しいです。 とりあえずキャスカが何とかなりそうな気配が嬉しい。 キャスカの夢の中のガッツが眩しく素敵過ぎて私も乙女に戻った気分。 あと、ガッツとキャスカを足して二で割ったような可愛い男の子の正体も気になるな。 

■8月11日(土)・サークルカット

 長崎製鉄 三日目 西み 06b 

 明日、どうぞよろしくお願いします。 体調を考慮して3時ごろには撤収を予定しております。 暑さ対策しっかりなさってくださいね。

■8月10日(金)・新刊情報

 ギリギリ本が届きました。 

 『怪力乱神 第三集』 A4 28P フルカラー 商用・オリジナル収録。 骸骨から美少女までバラエティーに富んでます。 どうぞよろしくお願いします。 当日は800円で販売致します(通販価格 900円)

 ベルセルク2期見終わりました。 改めて見てもガッツと髑髏様のかっこよさよ……! 特に髑髏様は3Dアニメに合いますな。 原作読み直したくなったし、ファンアート描きたくなりました。 シールケちゃんにファル姉ちゃんにスランに……ガッツモテすぎっしょ。 特にスラン対ガッツの戦いは悩ましくも美しくて二次創作したくなる…っ! スラン役の沢城みゆきさんの声も色っぽくも凄みがあって良いわ〜。

■8月9日(木)・

 台風一過、暑さが戻ってます。 明日からのコミケ、参加される方はお体に気をつけて下さいませ。

 「ベルセルク」 極めてダークな世界観と、その世界の中であえぐ人々。 老いも若きも貴族も貧者もだいたい不幸だ。 でもこれって中世ヨーロッパも似たり寄ったりな環境だったんだよね、違いは人外が出てこないだけで。 恐ろしい(汗) でもどんな苦境でも果敢に立ち向かうガッツに惚れずにはいられない。 アニメとしてまとめて観ていると、三浦健太郎先生の凄さに改めて感心してしまう。 マンガも読み直したくなりました。 ベルセルクの新刊出ただろうか。 以前三女姉が「ベルセルク新刊出た!と思って買ったら家にあるやつだった!これで三冊目だ!」と怒り狂って電話してきよったっけ。 

 それにしてもこの頃はamazonプライムビデオ漬けですよ。 見放題で月400円程度とは恐れ入る。 一時期はレンタル代、月数千円費やしていた身としてはありがたすぎる。 

 ポチッとありがとうございました!

■8月8日(水)・

 作業ペースが良い感じで嬉しいぞう。 あと台風による気圧変化で耳の調子がよろしくないので、作業してる時以外はだいたい横になってます。 風雨に負けず水泳にも行きましたよ。

 「ベルセルク」 2期 視聴中。 ファルネーゼ嬢とガッツの出会いって、彼女にとってほんと悪夢のような一日だったのだなと。 「アンゴルモア」の輝日姫もそうだけど、箱入り娘は影のある荒くれ男に嫌悪しながらも惹かれていくものなんでしょうかねムフフ。 

■8月7日(火)・

 「青の祓魔師 京都不浄王編」(2017) 今回も面白かった。 今回はボン君格好良かったですね。 兄さんが大好きで大嫌いな雪男を見てるとBLにハマる女子の気持ちも分かる。

■8月6日(月)・

 台風、コミケの影響心配です。 

 「うしおととら」 全39話  熱量の高い作品、面白かったー。 最初はちまちました妖怪退治だったのだけど、徐々にスケールが大きくなって世界の存亡を賭けた妖怪大戦争に。  妖怪たち一人一人のエピソードも良かったし、死んでいった人々や妖怪達が終盤一瞬あの世から加勢に来た時はもう涙無しには見られませんでした。 

 「青の祓魔師 京都不浄王編」(2017)見始めました。

■8月5日(日)・

 繁忙期の時は脳の容量8,9割くらいを作業にあてているので、他の雑事は最低限にとどめておいてます。 財布と鍵の置き場所、あとは戸締まりだけしっかりしておけばとりあえずOK。 時々、財布の中のクレジットカードの収納場所が定位置じゃなかったとき等はハラハラしてしまいます。 

 全身刺青のモデル兼アーティスト・ゾンビボーイさん自殺のニュースを見て、心の闇について色々思い巡らせてました。 

 創作家は普通の人が避けたがるような危険な領域を探索しなければという思い込みを多分に持ってます。 私は今、主に作画作業をせっせとこなしている身ではあるけど、いつか、苦悩してる人が見て「ああ、自分の人生も捨てたもんじゃないな」って思ってもらえるような作品が描けるようになりたい。 

■8月4日(土)・仕事情報(バディファイト)

 本日発売の神バディファイト アルティメットブースター 第2弾 「ミラクルファイターズ〜ふたりはミコ&メル〜」にて1点描かせていただきました。

 狂気のシェーブル 残酷そうな二頭の小ヤギ。 山羊は可愛いんだけど、横長の瞳が怖いって人もますよね。 ほんとは絵本と子ヤギだけでも良かったのですが、読み手のお姉さんを入れてより怪しげな雰囲気に。

 久しぶりによく寝ました(7時間くらい連続で) 

■8月3日(金)・

 夏コミ新刊の入稿完了(ギリギリ)。 完了した途端示し合わせたように発注がドカッと入ってきました。 おまけに特急案件も入ってきたので気合いを入れていかねば。 コミケの打ち上げは欠席するかどうか検討中です。 

 漫画「アンゴルモア」ネット配信されてる最新号まで読んだんだけど、地獄絵図のような展開にもう泣くしか。 そもそもの設定自体が無理ゲーすぎて、ハッピーエンドを望んではならんのか…。 ウェブ配信版の「つづく!!」がトラウマになりそう。 

 途中で止まっていたアニメ版「うしおととら」を流しています。

 ポチッとありがとうございました! 暑さに気をつけてお過ごしくださいませ。

■8月2日(木)・

 今日は講師会でした。 外暑すぎ!

 アニメの続きが気になって、漫画「アンゴルモア」を9巻まで読みました(大急ぎで読んだので、一段落ついてからもう再読しよ…)。アニメでは描かれていない部分も興味深くて、アニメで省かれてるのが勿体ないくらい。 かなり絶望的な展開になってきて、読むのが辛くなってきたけど、最後まで見届けたい。 ちょっとした小物なども資料に基づいて描いてるんだろうな……凄い! 主人公の朽井殿は若いのに一族の長として、夫として、父として、そして戦場では将として、己の役割をしっかり全うしている男らしさに惚れ惚れ。 「男らしい」「女らしい」って言葉は最近、性差別的なイメージを抱かれがちだけど、一族を守るための役どころに迷い無く徹する朽井殿は良い意味で男らしくて、これが望ましい男性のあるべき姿なのかもしれないという気になってきました。 

■8月1日(水)・The Queen Of Death (オリジナル)

 アニメ「アンゴルモア」が面白いです。 なかなか描かれない時代と舞台なので、色々新鮮。 やもめの主人公とツンデレ姫にニヤニヤしてしまう。 

 はじめの一歩 最新号 宮田君の事を忘れていた…!! 一歩、やっぱり現役復帰してくれ。 

 新刊のレイアウト作業をせっせとしています。

 ポチッとありがとうございました☆

トップに戻る

備忘録… ●モネそれからの100年 ●中国の金属工芸品 ●暁斎 暁翠展 ●ルーベンス展 ●ロマンティック・ロシア ●フェルメール展 ●