2018.11.1〜30

過去の日記

知識の宝庫アトランティス】 (FORCE OF WILL)

イラスト集『怪力乱神 第三集』 『恋獄』 イラスト集『怪力乱神 第二集』 イラスト集『怪力乱神 第一集』通販中

熊胆撲滅・熊農場廃止 ツキノワグマの全頭解放を 

インドネシアの動物園で飢えに苦しむクマを救って下さい! ご賛同下さる方はクリック&拡散お願いします。

 ※FC2メールフォームで頂いたメッセージが時々迷惑メールに振り分けられている場合があります。 そのためお返事が遅くなる場合がありますが、ご了承いただけますようお願いい たします。

■11月30日(金)・

 アニメ版「からくりサーカス」 ああーーーっここで終わるのか〜〜ッ!! あまりにも続きが気になって原作版を読み始める気になりました。 え?鳴海18歳?

 「セスタス」 更新されてたーーーーっ! 今回はユダヤ代表・ギデオンの掘り下げ回。 この3ヶ月で二人の好感度も急上昇。 勝ちそうなギデオンにお願い、ロキの顎は壊さないで。 

■11月29日(木)・

 ゴールデンカムイ 最新話…キロランケの女性の好みが(笑) ソフィアさん、女性なのに長年の獄中生活がさほど気の毒に見えなさそうなほどタフ。 憧れるなぁ。

 ファイアーエムブレムヒーローズ進捗 スルト・水着ティアモゲット。 スルト様は当たり個体じゃないけど「周囲2マスのキャラに20ダメージ」は制圧戦で大活躍。 フリーズ兄様も欲しいな。 兄妹では一番上だったのね(おっとりしたスリーズ姉様が一番上かと思ってた) 顔に似合わずけっこう体格良くて好みだわー。 一人称「私」というのも良い。 攻略は相変わらずラインハルト兄様に頼りっきりでアビサルレベルもちょくちょく突破中。 ラインハルトの他踊り子3人って、うちの最強布陣チャラすぎ。 

■11月28日(水)・教材「イラストレーターでの簡単な作画講座」

 今日は楕円ツール・パスファインダー(切り抜き)・クリッピングマスク(余分な部分を隠す)のみでアバター用の顔を作ってもらいました。 初級者は膨大なツールを前にして途方に暮れがちなので、簡単な操作方法でも絵が描けるという事を知ってもらいたい。

 はじめの一歩 最新話 結局一歩は出頭したのか?誰かが止めに入るのか? 面白いんだけど相変わらずじれったい。 

■11月27日(火)・

 「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 2」 9話 ああ、蠍ちゃん……登場当初こんなに好きになるキャラになるとは思いませんでした。 とてもひたむきで魅力的な(そして貴重な)女性キャラでした。 ほいで美坊主がっ!!! 殤様の「俺格好いい」発言にしびれる。 でも今回は殤様のその格好いい優しさが裏目に出まくっているからな〜。 お、池袋の企画展行きたいな。 

■11月26日(月)・

 今日は来年度の講義の件で面接。 気が引き締まってきました。

 一杯ひっかけながら、久々にジョン・ローン様のCM (カネボウ・デナリ)眺めてました。 いつ見ても完璧なハンサムですなぁ…どの角度もどんな表情も美しい(ため息) 元孤児とのことですが、このあふれ出る気品、高貴な血を引いてそうだ。 

■11月25日(日)・

 しばらくぶりの体験入学のため出講してました。 

 牛松屋の牛鍋膳(590円)と吉野家の牛すき鍋膳(690円)を食べ比べ…満足度は松屋の方かな。 吉野家の方が割りしたは甘め。 松屋のメニューはカレーでも何でも味噌汁が付くというのが気に入ってます。 

 かかと落とし運動を始めました。 骨密度が上がるとのことで。

■11月24日(土)・仕事絵アップしました(FOW)

 トレーディングカード・FORCE OF WILL のPRカードを1点描かせて頂きました。

 ホエーレの英雄豚 ピギー ついにPRカードにまで出世した豚くん、お母さんは嬉しいよ。 先々月のサイン会で外国人ユーザーにミセスピギーと呼ばれたことを忘れない…っ!(まだミセスではないのだが) 好きに描いて良いとのことで、爆発バックのむやみな迫力を出してみました。 

 海外ドラマ「ROMA」 ようやく最終回まで観ましたよ。 人間のあらゆるエグさをごった煮したようなドラマでした。 幸福な人が誰一人いない。 でも、こんなにたいへんな思いをしながらも繁栄してきた人類のたくましさは感慨深いものがあります。 それにてもこの主人公二人(ヴォレウスとプッロ)何度も「こりゃ修復不可能だろ」ってくらいの仲違いをしているのに、何度も仲直りしてて、男の友情ってこういうものなのか、それともこの二人が凄いだけなのか(笑) あと、クレオパトラの息子カエサリオンが、彼女の死後本当の父親(プッロ) と暮らす事になった流れも面白かったわ。

 あと、amazonプライムビデオの落とし穴というか、「続きを見る」のすぐ近くに「レンタルする」のボタンがありまして、クリックミスでレンタルしちゃいました(シーズンものだから2500円)、一応誤って購入したというボタンも用意されてあって、無事キャンセルできました。 念のためamazonにも電話してキャンセル確認取りました。 焦りました…。 amazonの連絡先は24時間対応してるのですね。

■11月23日(金)・

 「サンダーボルトファンタジー」の劇場版「生死一剣」をレンタルして観ました。 前半は凜さんが殺無生をこれ以上無いというほどにコケにする話。 そ、それは恨まれても仕方無いですわ……。  後半は殤不患が旅すがら彼を騙る男と出会う話。 偽殤さまの武勇伝に笑いつつ、殤さまの優しさにほっこり。 

■11月22日(木)・

 本「クスリ絵 体と心の不調を治す神聖幾何学とカタカムナ」(丸山修寛 著) たまたまツイッターで目にとまって、何やらレビューの評価が高いので買ってみました(一気に値段が上がってる。元は1700円くらいです) 効果は今の所よく分からないのだけど、でも、普段私は見栄えの良し悪しで描いてるので、違うスタンスで描かれてある絵というのは興味深いです。 今、描く姿勢を見つめ直してるところなので、良いヒントになるかも。

 そういえば昨日紹介した「バトスピ エクストリームゲーム」の動画を見ただけで私の絵だと判定した元教え子の目利きぶりに、驚いております。 絵柄結構抑えてるはずなのに何故分かったんだろう。

■11月21日(水)・教材「イラストレーターでの簡単な作画講座」

 今日は生徒にイジロボをいじって貰いました。 長方形ツールと楕円ツールでも絵が描けるよという、絵心に自信が無い生徒向け。

 トレーディングカードゲーム・バトルスピリッツの動画チャンネル「バトスピ エクストリームゲーム」にて担当させて頂いたサンダー・Z・コレオンを紹介して頂きました。 可愛いって褒めてもらえて嬉しいな(このアングルなかなか難しくて、アートディレクターさんに「もっと可愛く!」とダメだしいただきつつ、アニメをスクショしまくった甲斐がありました)

■11月20日(火)・

 マツコの知らないサーモン/蘭の世界 どちらも良かった。 やっぱりマツコさん食べてる姿観るのが一番楽しい。 子供の頃、蘭の新聞記事を収集していたのを懐かしみつつ観てました。 ハエが好む異臭を放つ蘭もあるというのを知ってちょっと驚き。 古代中国では徳の高い人の肖像画を描く際、良い香りのする蘭の花を持たせたりするのだけど(横山大観の「屈原」とかもそれに倣ってる)、あの臭い蘭が中国に生えてたら勝手が違っていたかもしれない。

 サンダーボルトファンタジー2 8話 裏をかいたりかかれたり、毎度先が読めずに面白いっ。 今回の見所は悪即斬の超美形楽士・浪巫謡さま!! 琵琶から発せられる衝撃波めっちゃ華麗で格好いい! そして、殤さまとの仲違いの原因が「殤は優しすぎるから自分が敵をやっつけなきゃ!」みたいな、ホント友達思いの良い人だなー。   

■11月19日(月)・

 海外ドラマ「ROMA」 どのイベントもしんどい。 カエサル就任式の時、ドラマの冒頭で投降したガリア王が再登場したぞー → 獄中から出され身綺麗にされて、恩赦かなと思いきや公開処刑(涙) 王は見せしめ処刑に民は奴隷、敗戦国悲しすぎるよ。 「セスタス」のアシュレイを思い出しちゃった。 彼女も再登場して欲しいな。 主人公の一人・プッロの処刑シーン(闘技場に放り込んでグラディエーターと戦って殺される)も直視出来ないほど残酷すぎました。 毒を食らわば精神で最後まで見ます。 今折り返し(カエサル討たれる)過ぎました。

■11月18日(日)・

 今日は母の命日だったので、母(と私)の好物のカニをお供えして食べました。

 身内の仕送りが一段落したので、これからは今までお世話になった親戚に恩返ししたり、習い事など行ってみようかと計画中です。 習い事今までろくに行ったことないので迷うな〜。 とりあえず海外旅行に役立ちそうな護身術あたり検討中。

■11月17日(土)・

 上野動物園のマレーグマ・アズマの訃報が悲しい…。 元気にしていると思ってたのに、まさか9月に亡くなっていたとは。 マチ・ウメキチ・フジのお父さん、今までありがとう。 お茶目でマイペースでキュートなアズマ父さん、大好きです。 上野のマレーグマはモモコさんとキョウコさんの2体になって寂しくなった。 どちらも高齢だから、今度会いに行こう。 

 ポチッとコメントありがとうございました!

■11月16日(金)・東山魁夷とボナールと青銅器

 今日は午前中軽く仕事を片付けた後、六本木へ美術館巡りしてきました。 

 東山魁夷展(国立新美術館) 待ち時間は無かったけど、結構な混雑でした。 昭和の国民的画家というのも納得な、巨匠オーラが半端無かった。 魁夷が嫌いという人はあまりいないんじゃないかな。 横綱相撲というか、美しい風景で包み込んでくれるようで、周りに人がいなかったら絵の前で泣いてたかもしれない。 絵から清澄な空気が漂ってきてるようで、絵の側にいるのが心地よい。 特に山海を描いた屏風絵は潮騒の音や霧の触感なども伝わってきそう。 日本画って凄い格式の厳しい世界って聞くけど、従来の型を踏襲しつつも自分のスタイルを確立していくというのは大変なんだろうな。 あと、シンプルかつシックな額縁との相性がまた素敵でした。 巨額と引き替えに手に入れたい気持ちも凄く分かりますわ〜。 

 ピエール・ボナール展(国立新美術館) 結構空いてました。 通好みな作風というか、好きになるにはまだしばらく時間がかかりそうな感触でした。 予想も付かない色使いは見習わなきゃ。 魁夷もボナールも90歳で亡くなってるようですが、二人とも最期の作品が木の絵というのがおもしろい偶然だなと思いました。

 神々のやどる器(泉屋博古館分館) ブロガー内覧会にご招待頂きました(ありがとうございます) 殷代から始まる青銅器、銅鏡などを展示してました。 神秘的で奇怪でずっと見ていて飽きません。 研究員さんのギャラリートークもたいへん興味深い内容でした。 鋳型に彫られた1ミリくらいの溝幅の渦巻き文様はフリーハンドっていうのには驚き。 

■11月15日(木)・

 この数日忙しかった…。 

 久しぶりに高校・大学時代の優秀な後輩から電話貰って嬉しかった。 有中国赴任経験の彼女から色々尋ねることもできたし。 

 今月のヤングアニマル、ベルセルクはまた休載…ガッツとキャスカは………忍耐、忍耐。 

 メモ…Aurora Night Nさんにお勧めされたオーロラ上映会、スカイツリー(まだ行ったことないんです…)でやってた。 タイムリー。 

■11月14日(水)・教材「テクスチャーの使い方」

 海外ドラマ「ROMA」何度目かの挑戦(グロさに参っていつも序盤でダウンしてました)。 残酷なシーンさえ観ないふりをしていたら面白い。 奴隷の扱いが酷くて嫌悪感が絶えない。 昔の人になりたくないよ。 クレオパトラ、カエサルに娶られる前に適当に選んだローマの一兵卒と子作りするって、なかなかえぐいことするなー(汗) 生まれた子を群衆の前で高々と掲げる得意げなカエサルの後ろで、してやったりな表情の属州の女王クレオパトラ…女の戦い方にしびれた。 最後まで見届けてみたくなった。 

 はじめの一歩 最新号… 一歩君、一般人に暴力ふるってピンチ。 でもあの裏切った高校生をビンタして観てるこっちはスッキリしたけどね。 

■11月13日(火)・

 マツコの知らない韓国料理の世界…マツコさん、イチオシのホタテ料理を軽くスルーしたってことは、苦手なのかな。 マツコさんの苦手な食材業界はため息ついてるかもなぁ。 私はチーズはあまり得意じゃないのでチーズタッカルビ以外のメニューはどれもそそられました。 特に最後の薬膳鶏汁は疲れた体によさそう。 あと、韓国人留学生にお勧めされた新大久保の鶏の唐揚げ屋さん行かねば。

 ポチッとありがとうございました!

■11月12日(月)・

 最近のカーズ様…私の知ってるカーズ様とだいぶ変わったな〜(汗) 作家さんって年齢を重ねると絵柄がマイルドになる傾向があるのかな。

 メモ…製本直送.com 少部数刷る時に利用してみようかな。 

■11月11日(日)・

 今日は池袋で絵描き仲間とお茶会。 ちょうど背景会社志望の生徒を受け持っていて、現役の背景師さんからポートフォリオのコツなど教えて頂きました。 

 あとサンシャイン水族館の化けもの展にも寄ってみました。 子孫が少しでも敵に襲われないように長い年月かけて少しずつ体を変えて来たのだろうなぁ…神秘的でした。  

■11月10日(土)・らくがき(植物のようなもの)

 先日膨大な量の植物を描いたため、今植物を描くと「植物っぽい何か」になってしまうという変な境地に立たされております。 この世界は数多の生命体に溢れてるけど、たまに名前も材質も未知で曖昧な「偽物の何か」が紛れ込んでいるんじゃないか、という気がしてきました。 

 藤沢周平のCDブック「歳月」「浦島」「驟り雨(はしりあめ)」 近所の図書館、CDも置いてるなんて気が利いてるな。 作業のお供に良いです。 藤沢作品は耳で聴いても端正で良いですね。 ただ、男性の語り手が艶っぽい女役を演じてるとほくそ笑んでしまう。 

 メモ…2019年4月28日開催「ネオロマンスフェスタ 下天の華 五年の宴」 おお、CD買わねば。 一つのコンテンツを過去作と切り捨てないのがコーエーテクモさんの良い所。

■11月9日(金)・

 今日は終日雨。 引きこもって動画観ながら作業してました。

 Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 毎回外れなく面白くて唸る。 殤不患アニキ復活にテンションあがりまくり。 殺陣格好いい〜! 今回の見所は蠍瓔珞の熱演。 格調高く情感豊かな声が凄く良くて、悪役だけど好きにならずにいられない。 この作品は声優さんの演技が実に素晴らしい。 表情の乏しい人形たちの感情を見事に補完してます。 巧みな演操も毎度見入ってしまう素晴らしさ。 

 BANANAFISH 18話 アッシュ「日本に行ってみたい」 ← なんてわかりやすい死亡フラグなんだ!! 次回が楽しみな一方でアッシュの最期は見たくない。 

■11月8日(木)・教材「厚塗り(調整レイヤーの使い分け)」

 本「宝石 欲望と錯覚の世界史」(エイジャー・レイデン著) 大変読み応えのある一冊でした。  ダイヤの首飾りが発端となったフランス革命とマリーアントワネットの処刑、大航海時代にエメラルドを求めてスペインが南米を荒らしまくった件、一粒の真珠が巻き起こしたイギリスとスペインの海戦…人間の欲望の醜さと果てしなさに気圧されました。 特に昔の人は仁義なさ過ぎ。 ダイヤモンドは実はざくざく採れていて、デビアス社が稀少価値のあるものとして様々な手管で売り込んでいるという内容なども興味深く、宝石に対して抱いていた価値観を見直したくもなったり。 ……でもまあ、宝飾品は綺麗だから好きなのは変わりないけど。

 鼻風邪を引いてしまいました。

■11月7日(水)・

 通勤のお供は「ゼロ」。 なんでしょうね毎度この異常なほどに濃密な情報量は。 60巻近くなってようやくミスターゼロに密かに思いを寄せるヒロインが出てきた…ような気がする。 進展あるのかな。 完璧過ぎて釣り合う女性がなかなか。 

 ファイアーエムブレムヒーローズの投票大戦、兄上(可憐な乙女達を蹴散らしての)堂々優勝おめでとう! さすが主人公。 推しを応援する楽しさを満喫できました。 あと、ジャムカの声が檜山修之さんだという事を知ってすぐさま☆5にランクアップさせた、げんきんなわたくし。 へージャムカ担当か〜。 

■11月6日(火)・

 そういえば先日観たDVD「ジュマンジ ウェルカムトゥジャングル」がお勧めしたいくらい面白かったです。 今思えばジュマンジって今流行の転生ものを先取りしてますね。 冴えない学生たちが転生した姿がザ・ロック役やジャック・ブラックで、彼らのなりきり演技がめちゃくちゃ笑えました。 基本バカ映画なんだけど、話もきれいにまとまっていて鑑賞後も爽快でした。

■11月5日(月)・

 本「名画の謎 対決編」(中野京子 著) 「怖い絵」でおなじみの中野節は今回も健在。 ドラクロワが描いたバイオリン弾きの絵「パガニーニ」、ちょうど先日観たフィリップス・コレクション展でお目にかかれて、なんだかうわさ話をしていた人に会った気分。 

 ファイアーエムブレムヒーローズの投票大戦、ラインハルト兄上を絶賛応援中。 

■11月4日(日)・

 amazonビデオで「ファイアbyルブタン」を観ました。 パリのナイトショー・クレイジーホースのダンサーたちがルブタンの靴を履いて踊るという内容。 厳正なオーディションから選ばれたダンサーたちがとにかく美しい。 ベストの身長は169センチ、太すぎず細すぎず、全てのバランスが理想的。 おまけに皆さん体型が綺麗に揃っていて、自然物とは思えない程でした。 ダンサーにとって胸の大きさが控えめってのは重要なのかもしれない。 大きかったら踊る度に揺れが目立ってそこにしか目がいかなくなりそう。 なるほど、これが芸術的センスなのね。 1曲ごとにクリスチャンルブタンとダンサーたちのコメントが間に挟まってるのですが、これもまた興味深くてよかった。 ルブタンのコメントはデザイナーらしい鋭敏な感覚と美意識が伝わってきました。 特に女性美に対して並ならぬ愛着と憧れが感じられて、物作りはこういう気持ちが大事なんだなーと。 ちなみに彼が最も好きな脚はティナ・ターナーだそうです。 脚の表情が豊かだということで……脚の表情! 配信期限切れるまで何度か観ておきたい1作。 

 ポチッとありがとうございました☆ 

■11月3日(土)・

 ああー今日は公休日(文化の日)だっていうのを失念してジム時間外に行っちゃった。

 予防接種した箇所がちょっと痛む本日。 初めて罹ったインフル、体の節々の痛みと悪寒はもちろんでしたが、味覚障害もけっこう堪えました。 油分を使った食べ物があり得ないくらい不味くて。 ほんとになんだったんでしょうあれは。 

■11月2日(金)・コミックマーケット95落選しました

 …という結果になりまして、来年お会いできたら嬉しいです。 年末はのんびり過ごします。 

 今年の2月に初めてインフルに罹り、1週間まるまる寝込んでしまったのを省みつつ、今日は予防接種に行ってきました。 

 中国語の勉強も少し。 若い頃に比べて記憶力が落ちてるのを実感してますが、ミミズも60回の反復練習で覚えるというのを励みに続けてみます。 

 日本郵便のマスコット・ぽすくまがかわいいです。 KITTE内にいた着ぐるみに一目惚れしちゃいました。 

■11月1日(木)・

 授業後、三菱一号館美術館にて開催中の「フィリップスコレクション展」ブロガー内覧会にご招待頂きました(感謝!) 収蔵品の内容はオルセー美術館に似てるかな。 これが個人のお宅にずらっと飾られていたのかと思うとため息しか出ません。 人気ブロガーのTakさんとキュレーターのギャラリートークも拝聴。 美術館関係者ってめっちゃ気むずかしい人が多いのな〜。 美術展が開催されるまでこんなに気苦労するのか…(貸し出す側の、展示品の独特の並べ順のこだわりに従わねばならぬとか…) 今回鑑賞してみて、今まであまり興味なかったピエール・ボナールの魅力にちょっと目覚めたみたいです。 

 あと、東京駅丸の内南口向かいのKITTE(日本郵便)2,3階にあるインターメディアテクという日本郵便と東京大学協同による博物館にも寄ったのですが、入場無料なのに内容が充実していて驚きました。 様々な動物の骨格標本や剥製など、クリエイターには特にお勧め。 

 先日はポチッとありがとうございました!

トップに戻る

備忘録… ●ルーベンス展 ●ロマンティック・ロシア ●フェルメール展 ●ロシア絵画の至宝展 ●ムンク展 ●奇想の系譜展 ●エキゾティック×モダン ●みんなのミュシャ ●ウィーン・モダン ●シド・ミード展 ● ● ●