【圧政を憂う市民】

 

- 月公国では、国内に潜む危険因子を取り除く政治警察が設立された。

彼は、そんな圧政とも言える締め付けに対して一石を投じれないかと模索する、ごく一般的な市民だった。

しかし、友人が政治警察により連行され、そのまま帰らなくなった時に決意した。

「何か行動を起こさなくては」

そこで、なじみの酒場に集まっている仲間数人達で小規模ながら政治について語る結社を作り、現状への打破を模索し始めた。 設定資料より -

(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.

当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社GPコアエッジに帰属します。許
可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

Alteil II」GAMEPOD/2012

トップへ戻る